COLUMN 2019年10月25日

【東大CINEMA】 『ジョーカー』

描かれる狂気への道

 

『ジョーカー』 10月4日㈮日米同時公開 ワーナー・ブラザーズ映画 © 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

 

 白塗りの顔、緑色の髪、裂けた口。『バットマン』の悪役ジョーカーの姿を、誰もが一度は目にしたことがあるのではないだろうか。彼はこれまで、理解不能な殺人鬼として描かれてきた。しかし本作は彼の過去に焦点を当てることで、ジョーカーの理解可能な人間性の描写に挑んでいる。

 

 アーサー・フレックは、ゴッサムシティの古いアパートで母親と2人暮らし。病気の母を看病しながら大道芸人として働くが、突然笑ってしまう病気のため周囲から気味悪がられる。彼は、ソーシャルワーカーとの面談や7種類もの薬が必要な日々を送っていた。

 

 ある時、大道芸人の同僚から銃を手渡されるアーサー。何気なく受け取った彼は仕事先の病院に携帯し、思わず銃を落としてしまう。事が上司に伝わりアーサーはクビに。落ち込む彼は、自身のメークや病気をからかう3人の男が現れると、彼ら全員を射殺した。

 

 殺された3人は、街を支配する大企業の社員。凄惨な事件と報道される一方、一部の貧困層は犯人のピエロを支持して仮面をかぶるように。アーサーは警察に追われながらも、狂気あふれる悪のカリスマ・ジョーカーへと変貌していく……。

 

 本作は、今年の第76回ベネチア国際映画祭にて最高賞の金獅子賞を受賞。アメコミ映画としては初の快挙となり、アカデミー賞受賞の見込みも高い作品だ。監督は『ハングオーバー!』シリーズなどのコメディー映画で知られるトッド・フィリップスが務め、主役であるジョーカーをホアキン・フェニックスが演じた。

 

 ジョーカーを演じることには大きなプレッシャーが伴う。役柄が情緒不安定で難しい上に、これまで彼を演じてきた俳優はいずれもアカデミー賞受賞者だ。しかしそれでも、本作のジョーカーには見事な狂気がある。彼が病気で突然笑い出す様子は、それが単なる症状という以上に、個々の状況に応じた不気味さや悲哀さを観る者に感じさせる。

 

 「笑い」は本作において最も重要な要素の一つだ。ピエロとして常に笑顔を保つアーサー。母には「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」と言われてきた。しかし彼は一方で、持病のため周囲にあざ笑われる存在。常に虐げられてきた彼にとって、笑いに満ちた人生とは必ずしも幸福なものを意味しなかった。

 

 アーサーが虐げられるのは、奇妙な病気によってだけではない。富裕層優遇の政治により、自分や母親の医療費を払えなくなるように。さらに彼は、実は幼少期に親から虐待を受けていた。こうして蓄積されていった鬱憤が、彼をジョーカーという悪に変貌させる。

 

 以上の過程は明らかに悲劇的だ。理解不能だったジョーカーは、もはや理解可能な弱者でしかない。しかし彼は「全ては主観だ」と語る。つらい人生さえもそのメークで永遠に笑い飛ばすジョーカー。自らの悲劇を喜劇と捉える彼の姿に、より一層の悲劇性を見いださずにはいられない。

 


この記事は2019年10月15日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:芸術に大学の知性を 芸術創造連携研究機構 世界水準の芸術教育へ
ニュース:堅守で強敵振り切る ラクロス慶大戦 関東優勝に王手
ニュース:硬式野球早大戦 1回戦は一時同点 投手陣奮闘も連敗
ニュース:10倍の高効率で冷却 半導体デバイス 高密度高速化に対応
ニュース:結晶構造の関連解明 ゼオライト合成条件 機械学習を活用
ニュース:遺伝的変異が身長に影響
企画:国民の関心維持が課題 裁判員制度開始から10年
企画:悩んだらまず相談に 東大生の悩みに向き合う現場に迫る
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)④
100行で名著:『もの食う人びと』辺見庸著
東大CINEMA:『ジョーカー』
キャンパスガガイ:能森恵佑さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2016年02月23日

ネコのシロちゃんが語るグローバリズム――東大OB 想田和弘監督インタビュー

EVENT 2015年08月13日

TJS ―シアター ジャグリング ストリーム 2015

INTERVIEW / FEATURE 2015年07月23日

東大生のクラウドファンディング。海外映画祭への出品を目指して

COLUMN 2016年10月29日

人間を自由にする大学教育 東大の海外体験活動「ドキュメンタリー制作」の理念とは

INTERVIEW / FEATURE 2014年11月05日

映画『ショート・ターム』ロッテン・トマト満足度99%のワケ 監督インタビュー

TOPに戻る