LATEST NEWS 2016年11月16日

さらなる論文不正疑惑で本調査へ 150日以内に判断

 東大関係者の論文の不正を指摘する告発を受け10月13日から予備調査を実施していた件について、東大は4日に本調査への移行を決定した。本調査開始から原則150日以内に不正の有無を判定する。東大はより詳しい調査が必要と認め、予備調査から事情聴取などの可能な本調査へ移行したと見られる。東大は論文計22報の不正を指摘した別の告発についても、9月20日に本調査の開始を決定している。

 

【関連記事】

「医学系論文に不正」 東大が匿名の告発状2通を受理し予備調査を開始

論文不正疑惑で本調査へ 原則150日以内に判断

論文不正疑惑で新たな告発状

東大関係者の論文不正疑惑、本調査を完了 不正がなければ公表せず


この記事は、2016年11月15日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2781_11_15pop622

インタビュー:布村幸彦さん(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会常務理事・副事務総長)
ニュース:交付金削減に警鐘 理学部長会議が声明 「基礎研究が萎縮する」
ニュース:論文不正疑惑で本調査 2件目へ、150日以内に判断
ニュース:昇格戦へ進出決定 アメフト 延長の末専修大破る
企画:駒場祭、ここを見ずには帰れない 編集部厳選、10の企画
企画:東大ガールズハッカソン 第1弾・アイデアソン開催
企画:ミス&ミスター 栄冠は誰の手に? 10人の候補者を徹底解剖
企画:駒場の外でも「めしあがれ。」
駒場Ⅰキャンパスマップ

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年11月17日

交付金削減に警鐘 理学部長会議「基礎研究が萎縮する」

COLUMN 2019年07月31日

【東大新聞オンラインPICK UP】〜研究編〜 興味の数だけ広がる世界

NEWS 2018年10月19日

THE世界大学ランキング 総合42位に上昇教育・研究で高評価

INTERVIEW / PROFESSOR 2016年03月22日

「ひたすら実験、全てが楽しかった」ノーベル物理学賞受賞・梶田教授インタビュー

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年05月14日

【蹴られる東大⑥】東大を勝たせた教授が語る、東大に足りない「危機感」と改革

TOPに戻る