LATEST NEWS 2018年9月12日

アルコールが共感促進 自閉スペクトラム症の治療に

 池谷裕二教授(薬学系研究科)らは、アルコールが共感を促進することを実験的に証明した。アルコールの効能を理論的に解明し、共感の低下が見られる自閉スペクトラム症の治療にも役立つと期待される。成果は8月30日付の英科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』(電子版)に掲載された。

 

 アルコールは円滑なコミュニケーションに役立つといわれる。近年の研究では、アルコール摂取が他者との社会的な絆を深めることが示され、共感の増大が示唆されている。しかしその神経回路の仕組みは明らかにされていなかった。

 

 池谷教授らは恐怖を感じたマウスが動かなくなる性質を利用し、共感現象を調べる実験を行った。電気ショックを受けるマウスの様子を見た別のマウスが動きを止める時間が、エタノールを摂取した個体ではより長くなり、電気ショックを受けた仲間のマウスが抱いた恐怖に対する共感が増大すると判明。エタノールが共感を増大する効果を持つことが確認された。

 

 実験では、痛みの情報を担う脳の前帯状皮質の興奮抑制バランスが、エタノール投与で抑制に傾くことも分かった。薬を投与して興奮抑制バランスを興奮側に傾けると、エタノールによる共感の増大が見られなかったため、バランスが抑制側に傾かなければ、エタノールによる共感の増大が現れないことが示された。

 

池谷教授らはマウスが電気ショックを受けた他の個体を見た際の恐怖反応を利用した実験を実施した

 

 同様に、共感の低下症状で知られる自閉スペクトラム症への効果も調査。患者を模倣したマウスにエタノールを投与すると、病気にかかっていないマウスと同程度まで共感が増大し、エタノールによる共感障害の改善効果が証明された。

 

 今回の実験で、共感が脳回路の精細な興奮抑制調節により生まれることや、薬で興奮抑制バランスを調節することで自閉症の改善に役立つ可能性も明らかになった。脳回路の興奮抑制のバランスの変化を観察することも、病態の理解や治療につながると期待される。


この記事は、2018年9月11日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:受験の生かし方考えて カリスマ講師からエール 犬塚壮志さん
ニュース:ABUロボコン ベスト4進出
ニュース:技術職員に停職1カ月の懲戒処分
ニュース:柏キャンパスで停電
ニュース:アルコールが共感促進 自閉スペクトラム症の治療に
ニュース:レム睡眠に必要な遺伝子を発見
ニュース:第57回七大戦 アーチェリーで巻き返し
企画:現役東大生による勉強法アドバイス
企画:教科別 東大教員からのエール
企画:合格者得点分析 本社独自アンケート 東大入試2015~2018 
企画:入試改革、恐るるに足らず 長期的視点で受験を捉える
サークルペロリ:東大むら塾
100行で名著:『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講義』
キャンパスガール:磯崎友絵さん(文Ⅲ・2年)
※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

TOPに戻る