EVENT 2018年12月10日

第2回Asprovaプログラミングコンテスト 工場のスケジュールを最適化しよう

 

 最適化問題に興味がある人にぜひ参加をお勧めしたくなるプログラミングコンテストである。コンテストの参加費用一切無料な上、上位5位の人に16万円、8万円、4万円、2万円、1万円の順番で賞金が与えられる。また成績優秀者は、コンテストを主催するアスプローバのアルバイト採用(時給2500円)で優遇される。今回のコンテストは第1回のプロコンのフィードバックに基づき、使用できるプログラミング言語が増えた。また第1回ではVisual Studio2017が必須だったのに対し、今回はAtCoder上で開催されるため、より容易に参加できるようになった。

 

このコンテストの問題と、実社会の問題との関係

 

 最適化問題とはある特定な条件の下で、目的関数を最大または最小にするために、パラメータをいかに制御するかを考える問題である。工場のスケジューリングは最適化問題の一例。金属加工のプレス工程で金型が変わると余計な段取りが入り機械を止めるため、時間のロスが発生してしまう。その上、各オーダーには納期があり、納期遅れた場合は顧客満足度を低下させ、 以降のオーダーをキャンセルされる可能性が高まり、会社にとって死活問題となる。 そこで段取りと納期遅れをなるべく削減するために、いかに最適なスケジューリングをするのかが必要不可欠となる。アスプローバは工場の生産スケジュールを作成する生産スケジューラというソフトウェアを開発しており、今回のコンテストの問題は実際のユーザーからよく聞く要望にヒントを得たものである。

 

 以下はプロコン概要である。

 

問題・申し込み:https://asprocon2.contest.atcoder.jp/

 

イベント概要

参加登録期間:2018年11月1日~2019年1月6日

コンテスト開催期間:2018年12月24日~2019年1月6日

表彰式:2019年1月11日(金) 17:00から

場所 〒145-0062 東京都大田区北千束 3-20-8 SALON,CAFE & BAR ToiToiToi(トイトイトイ)

主催 アスプローバ株式会社(www.asprova.jp)

 

寄稿=工学系研究科修士1年 エン・シキ

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年06月09日

人工知能学教育推進のための寄付講座を設置

EVENT 2019年07月16日

TeaTime Tech Lab. 2019開催 情報系分野に興味を持ってもらうために

COLUMN 2017年12月03日

魅力を知れば世界が広がる 東大生に聞く「3大SNS」それぞれの使い方とは

INTERVIEW / OBOG 2016年06月14日

日本郵便社長に就任する横山邦男さんに聞くリーダーの心得

INTERVIEW / FEATURE 2015年05月10日

「プログラマーは神である」五月祭講演会・木寺氏が語るITの力

TOPに戻る