COLUMN 2017年3月26日

【こんなところに東大が】チリ・アタカマ砂漠 世界最高水準の望遠鏡設置へ

 南米チリ。その北部には「世界一乾燥した場所」として知られるアタカマ砂漠がある。そこに東大が天文台を建設する計画が進んでいることは意外にも知られていない。この場所は、東大の入試問題の題材にもなった。

 

「世界で一番乾燥」するアタカマ砂漠。ここの高度約5600メートルの地点に望遠鏡が設置される

 

 アタカマ砂漠に東大が天文台を建設する計画はTAO計画と呼ばれ、現在進行中だ。世界最高となる標高約5600メートルに望遠鏡を設置するこの計画。今後設置される世界最高水準の口径6.5メートル望遠鏡に先駆け、2009年には既に口径1メートルの望遠鏡が設置された。

 

 東大入試に登場したのは15年度の英語大問3(A)。長文リスニング問題の題材として紹介された。アタカマ砂漠では世界各国が天体観測施設を建設しており、取り上げられたのも欧州諸国が共同で建設する口径39メートルの望遠鏡。「アタカマ砂漠の空気がとてもきれいで、乾燥している」という環境的利点や「天文学者にとっては、南半球から見える星空が興味深い」という学問的利点が紹介された。

 

 いずれにせよ、まさに「地球の裏側」であるチリに東大の施設が建設されているとは。初めて知った時は驚きを隠せなかった。なおTAO計画については、4月11日発行の新入生歓迎号Ⅰで詳しく扱う予定だ。


この記事は、2017年3月21日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

ニュース:交付金削減で増える非常勤 基礎科学研究の現状は
ニュース:駒場キャンプラなど解体か 自治会「代替施設の検討を」
ニュース:代替措置詳細を公表 総合図書館 十分な学習席確保
ニュース:日本学術会議声明案 軍事研究禁止を継承 4月に採決予定
ニュース:新コーチに元日本代表 ア式蹴球 社会人クラブと連携
ニュース:合奏のテンポ加速に体内メカニズムが影響
ニュース:駒場に新ジム開設 スポーツ先端科学研究拠点 研究成果を還元
企画:ゼミで迫る障害者問題 障害者は生きにくい 東大生だって生きにくい
企画:視聴者に親近感抱かせる 「東大生テレビ」人気の秘密
東大新聞オンラインアクセアスランキング:2017年2月
研究室散歩:応用生命化学
こんなところに東大が:チリ・アタカマ砂漠 世界最高水準の望遠鏡設置
東大CINEMA:ラビング 愛という名前のふたり
キャンパスガール:田中茉由子さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2016年05月16日

「東大で最高の知的興奮を体感せよ」 TEDxUTokyoを5月29日に安田講堂で開催

NEWS 2016年11月23日

2016年秋の紫綬褒章 工学系研究科の3教授が受章

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年10月30日

【初年次ゼミナール特集企画】中心教員に聞く! 大学の学びにつながる授業とは

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年11月29日

【東大2018⑥】防災は受験勉強と似ている 廣井悠准教授に聞く都市防災の面白さ

NEWS 2018年06月14日

筋肉と機械の融合進む 二つの骨格筋組織を活用

TOPに戻る