SPORTS 2016年4月26日

硬式野球部12年ぶり明大撃破 サヨナラ打&本塁打の山田選手「ほっとした」

 硬式野球部(東京六大学野球)は4月16、18、19日に明治大学と対戦し、2回戦で山田大成選手(育・3年)が同点の九回裏にサヨナラ打を放ち今季初勝利を挙げた。明大戦の勝利は2004年秋以来。3回戦は2桁失点で敗れ、1勝2敗で02年秋以来の勝ち点は逃した。1回戦の開始前、熊本地震の被災者に黙とうがささげられた。

2回戦の九回裏にサヨナラ打を放ち、拳を突き上げる山田選手(撮影・佐方奏夜子)
2回戦の九回裏にサヨナラ打を放ち、拳を突き上げる山田選手(撮影・佐方奏夜子)

 

 開幕3試合で無安打と苦しんだ大砲が暴れ出した。2回戦の初回、山田選手は2死二塁の好機で打席に向かう。打球はボテボテのゴロになるも、これが内野安打となり初安打をマーク。さらに二塁手の悪送球も絡んで待望の東大の今季初得点を導く。

 六回に追い付かれて同点で迎えた九回、またも2死二塁で山田選手が打席に。「自分で決めてやろうと思った」という気持ちで振り抜くと、打った瞬間サヨナラ打と分かる痛烈な打球となり、チームに今季初勝利をもたらした。

 3回戦でも大量リードされた八回に右中間スタンドに完璧な当たりを飛ばし、自身公式戦3本目となる本塁打を放って存在感をアピール。山田選手は15年春から毎シーズン1本ずつ本塁打を打っており、このペースを続ければ東大記録である通算6本塁打の更新も視野に入る。3番打者の力強い打撃が、得点力不足のチームの起爆剤となる。

3回戦の八回表、山田選手の本塁打で一矢報いる(撮影・関根隆朗)
3回戦の八回表、山田選手の本塁打で一矢報いる(撮影・関根隆朗)

 

◇山田選手のコメント

――3試合無安打と苦しむ打席が続いたが、その間はどのようなことを考えていたのか
 チャンスで凡退することが多く自分の不調がそのままチームの攻撃に悪影響を与えていると感じていたのでとても焦っていました。

――2回戦でサヨナラ打を放った時の心情は
 自分が決めてやろうと思って打席に立ちました。打った瞬間抜けたと思いました。ずっと迷惑をかけていたのでほっとしたというのが一番最初の気持ちでした。

――3回戦で本塁打を放った時の感触はどうだったか
 大量リードされている展開だったのでなんとか点を取りたいと思って打席に立ちました。打った瞬間は入らないかなと思いましたがギリギリ入ってくれてよかったです。

――今後の試合の抱負をお願いします
 春季リーグも中盤戦です。必ず勝ち点を奪い、最下位を脱出します。応援よろしくお願いします。

 

◇各試合の概要

●1回戦(16日)
東大|000000000|0
明大|000000001X|1
 先発の宮台康平投手(法・3年)は初回から無失点投球を続け、打線の奮起を待つ。東大は九回、1死三塁で仕掛けたスクイズがフライとなり併殺で絶好機を逃す。その裏、宮台投手は1死三塁からスクイズを決められ、早稲田大学戦に続くサヨナラ負けを喫した。
硬式野球部 宮台投手の好投実らず、またもサヨナラ負け

 

●2回戦(18日)
明大|000002000|2
東大|200000001X|3
 東大は初回、1死二塁から山田選手の内野安打と失策の間に二塁走者がホームイン。今季28イニング目で初得点を挙げる。連打で満塁とし、喜入友浩選手(育・4年)の中前打で2点目を奪う。

 先発の柴田叡宙投手(育・3年)は六回に追い付かれるが、七回以降は有坂望投手(文Ⅲ・2年)が3回を無失点。すると九回裏、2死二塁から山田選手が右中間を破る適時打を放ちサヨナラ勝ちを収めた。
硬式野球部 山田選手のサヨナラ打で今季初勝利

 

●3回戦(19日)
東大|000000030|3
明大|11102502X|12
 先発の宮台投手は中2日の疲れで直球はほとんど130キロ台前半とキレがなく、三回までに3失点。四回から登板した有坂投手も五、六回に失点する。八回に山田選手の本塁打で3点を返すのがやっとで、投手陣が12失点と崩壊し層の厚さの差を見せつけられた。
硬式野球部 山田選手が本塁打放つも、投壊で勝ち点ならず

 

(文・竹内暉英)

 


 2016年4月26日号に掲載した記事を一部抜粋・編集した記事です。本紙では、その他オリジナルの記事も掲載しています。

 

2757_4_26pop-01

ニュース:学事暦変更 進学選択業務に配慮 微調整続く場合も
ニュース:12年ぶり明大戦勝利 硬式野球 勝ち点の壁なお厚く
ニュース:文科省 所得連動型奨学金の検討チーム発足
ニュース:自閉症の診断技術開発 医学部附属病院八幡研究員ら 客観的診断可能に
ニュース:医・法医学教室 結核の届け出遅延 医師ら7人に感染
ニュース:進学選択 成績計算を従来と同様に 必要単位、早期取得へ
企画:東京も危険、集中豪雨の被害 水害を繰り返さないために
企画:日本の方言を守るには? 意識的に伝える努力を
火よう美術館:三菱一号館美術館「オートクチュール 世界に一つだけの服」
東大最前線:有機物半導体 竹谷純一教授(新領域創成科学研究科・工学系研究科)
研究室散歩@都市資源管理:森口祐一教授(工学系研究科)
Campus百景:あの橋の名は
世界というキャンパスで 稲村侑華さん(文・4年)イタリア編①
連載小説:『猫と戦争と時計台』㉖
キャンパスガール:朝倉千尋さん(育・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年10月03日

硬式野球 早大にまたも完封負け 三塁すら踏めず

COLUMN 2018年02月01日

最もタフなスキー競技 平昌五輪「クロスカントリー」の見どころ

NEWS 2017年10月08日

硬式野球 法大に連勝で15年ぶり勝ち点 前半の大量得点を救援の宮台投手が守り切る

SPORTS 2016年04月20日

【部員が見る軟式野球⑤】全勝明大の勢い止められず、大一番で敗戦

NEWS 2017年10月07日

硬式野球 プロ志望・宮台投手が今季2度目の完投勝利 前半大量得点で法大を圧倒

TOPに戻る