SPORTS 2016年10月23日

硬式野球、打線振るわず法大に連敗 1勝10敗で最下位確定

立大戦で好投した三木投手が、七回3失点と気迫のピッチングを見せた(撮影・関根隆朗)
立大戦で好投した三木投手が、七回3失点と気迫のピッチングを見せた(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月23日、法政大学との2回戦を戦い、1―3で敗れた。先発の三木豪投手(農・4年)が七回を3失点(自責点2)と試合をつくるも、打線が4安打1得点と振るわなかった。東大は今季の試合を全て終え、1勝10敗の勝ち点0で最下位。午後の第2試合に勝利した明治大学が最終成績を9勝2敗の勝ち点4とし、2季連続の優勝を決めた。

 

法大|011010000|3

東大|000000100|1

 

 先発の三木投手は立ち上がりから2者連続三振を奪う上々の立ち上がり。しかし二回、自身の失策などで無死一三塁のピンチを招くと、犠飛で1点を先制される。その後も法大の足技や犠打を絡めたそつのない攻撃の前に追加点を許すも、ピンチを最少失点でしのぐ粘投を続ける。六、七回には右足をつりながら気迫で共に無失点に抑え、七回を3失点にまとめて打線の援護を待つ。

 

七回裏、宇佐美選手の適時二塁打で1点を返す(撮影・関根隆朗)
七回裏、宇佐美選手の適時二塁打で1点を返す(撮影・関根隆朗)

 

 昨日は無得点に終わり意地を見せたい打線だが、195センチと長身の相手投手を打ちあぐね六回まで散発3安打と苦戦。投手交代後の七回に2死二塁から宇佐美舜也選手(文Ⅰ・2年)がセンター前に適時二塁打を放ち1点を返すも、これがやっと。2日で1得点と打線が不振にあえぎ、1勝10敗の最下位で今季を終えた。

 

九回裏、打ち取られて敗戦が決まり天を仰ぐ森田穣選手(育・3年)(撮影・関根隆朗)
九回裏、打ち取られて敗戦が決まり天を仰ぐ森田穣選手(育・3年)(撮影・関根隆朗)

 

(文・竹内暉英)

 

前節の立教大学戦に続けて好投した三木投手の話

「先頭打者の出塁や長打を許すなど、1点取られても仕方がない場面を作ってしまった。それでも1点取られた後に追加点を許さなかったのは良かった。六回から右足がつっていたが、七回までは行くつもりだった。自分はそこまで力がないが、制球力を磨いたり動画での研究を重ねたりと考えて工夫していく中で少しずつ成績を上げていけた。目標にしていた勝ち点を取れなかったのは悔しいが、来年のチームには絶対に達成してほしい」

 

 【関連記事】

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

硬式野球部、明大に連敗 1年生・小林投手162球の力投実らず八回に逆転許す

硬式野球部 慶大・加藤投手にノーヒットノーラン喫し0-8で大敗

硬式野球部 今季最多6得点も九回に4失点し逆転負け

硬式野球、2点先制も四死球・失策で自滅 早大との初戦を落とす

硬式野球、開幕6連敗 初登板1年生左腕が初回に3失点

硬式野球、延長制し今季初勝利 十回に桐生選手が勝ち越し打

硬式野球 3点差追い付くも終盤に失点し敗北 14年ぶり勝ち点かけ明日3回戦

硬式野球 三木投手が好投も打線振るわず完封負け 勝ち点取れず次節が最終節

硬式野球 13残塁の拙攻で今季4度目の完封負け 法大との初戦を落とす

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年09月26日

東大アメフト 横国大破り開幕2連勝

SPORTS 2017年06月24日

東大アメフト 防衛大に24-20で逆転勝利 今季オープン戦最終戦で初白星

SPORTS 2017年04月28日

【部員が見る軟式野球④】東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

SPORTS 2015年01月23日

大手商社をけってJリーグへ。史上二人目の東大生Jリーガー誕生

COLUMN 2014年04月07日

【サークル奮闘記】東大アイスホッケー部の終わりなき挑戦

TOPに戻る