SPORTS 2017年4月15日

硬式野球 40歳・伊藤投手が神宮デビュー フレッシュリーグで1回4失点

 硬式野球部(東京六大学野球)は4月15日に春季フレッシュリーグを慶應義塾大学と戦い、40歳の伊藤一志投手が先発した。伊藤投手は1イニングを投げ、被安打2与四球3で4失点という内容。試合は東大が序盤に大量失点を喫し、4―15で敗れた(特別規定で5回コールド)。伊藤投手は2015年に入部。これまで六大学野球リーグ戦での登板はなく、今回が神宮球場での初登板だった。

 

40歳にして先発マウンドに上がった伊藤投手(撮影・関根隆朗)

 

 伊藤投手は相手先頭打者に右前打で出塁を許すと、2番にライトへの適時三塁打で先制を許す。その後3・4番を打ち取って二死までこぎつけるが、四球で走者を出すと捕逸と失策で3点を奪われた。初回のみで降板となったものの、100キロ台前半の直球と90キロ台のナックルボールを投げ分け相手4番のライナーを好捕する場面もあった。

 

(文・関根隆朗)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年07月15日

日米大学野球 宮台投手は三回途中で降板も150キロで5奪三振

SPORTS 2016年10月11日

ラクロス男子、7年連続の決勝トーナメント決定 リーグ最終戦で青学大に快勝

SPORTS 2016年09月08日

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

SPORTS 2017年01月19日

アメフト部、新体制へ 来季の昇格目指す

COLUMN 2016年07月30日

【東大フェンシング部寄稿】リオ五輪「フェンシング」の見どころ

TOPに戻る