LATEST NEWS 2018年8月15日

史料編纂所図書室の利用方法が変更に 耐震改修工事に伴い、2019年度から

 史料編纂所は8月7日、図書室の耐震改修工事が2019年度に行われ、それに伴って図書室の利用方法を変更すると発表した。2019年度初めから工事終了までの約1年間、閲覧証票を持っている場合でも、来室に当たっては事前予約が必要となる。理由について、史料編纂所はウェブサイト上で「正面玄関閉鎖および閲覧スペース縮小が予想されるため」としている。

 

 書庫は今回工事対象にはなっていないが、工事に当たって一部の史料・図書が利用できなくなる可能性もあるという。予約方法や工事期間などの詳細は決定次第ウェブサイト上で公表する。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年10月24日

本郷キャンパス建築めぐり 東京大学広報センター編

COLUMN 2017年12月27日

【東大の2017年③】総合図書館耐震改修工事 代替措置を実施、サービスほぼ維持

COLUMN 2015年01月20日

本郷キャンパス紹介:安田講堂、そのネーミングの悲しい理由

INTERVIEW / FEATURE 2014年10月06日

時代をリードする東大生に、”本物”の和菓子を 「廚菓子くろぎ」

COLUMN 2018年03月16日

【受験生応援2018】東大に実家から通えるのはどこまで?

TOPに戻る