EVENT 2016年3月1日

東大総合文化研究科 ⽊村秀雄先⽣ 退職記念シンポジウム「⽣の共鳴、知の協働」

 教養学部や総合文化研究科で、文化人類学やラテンアメリカ研究、スペイン語などを教えた⽊村秀雄先⽣が、今年3月に退職する。退職にあたって、3月27日(日)に記念シンポジウムが開かれる。「⽣の共鳴、知の協働」と題されたこのイベントでは、ラテンアメリカ研究や人間の安全保障に関わる研究者・実務家が登壇する予定だ。

 木村秀雄先生へのインタビュー記事はこちら。

第一回:「本を読むだけでなく、現場で練習問題を」木村秀雄教授 退職記念インタビュー1

第二回:「国際問題の理論と実践をつなぐ人材を育てよ」木村秀雄教授 退職記念インタビュー2

第三回:開発援助の新たな指針「持続可能な開発目標」とは? 木村秀雄教授インタビュー3

 

PA095672-1024x768

 

生の共鳴、知の協働—木村秀雄先生退職記念シンポジウム

日時: 2016(平成28)年 3月27日(日)14:00-17:50

会場:東京大学駒場Ⅰキャンパス 18 号館ホール(京王井の頭線駒場東大前駅下車 2 分)
   〒153-8902 東京都目黒区駒場 3-8-1
定員:200 名 先着順自由席(要事前申し込み)
申込方法:木村秀雄先生 退職記念行事 特設サイトよりお申し込みください
資料代 :1,000 円

 

【プログラム】

 開始時間:(14:00)

第一部:ラテンアメリカの文化と社会
藤田 護 慶應義塾大学環境情報学部専任講師 言語人類学(アンデス)
若林 大我 東京大学等非常勤講師 人類学(アンデス)
芝田 幸一郎 神戸市外国語大学総合文化准教授 人類学・考古学(アンデス)
笛田 千容 政策研究大学院大学 アシスタント・リサーチャー 政治学(中米)
藤掛 洋子 横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院教授 文化人類学(パラグアイ)
コメント・木村秀雄

(休憩 16:00-16:10 :10分程度)

第二部:人間の安全保障と国際協力の現場から
上田 直子 国際協力機構(JICA)青年海外協力隊事務局アジア・大洋州課課長(東京大学HSP博士課程出身)
平岡 久和 長崎大学国際連携研究戦略本部 熱帯医学・グローバルヘルス研究科 准教授
戸田 隆夫 国際協力機構(JICA)人間開発部長
コメント・木村秀雄

第三部:クリュタイメストラーとアンティゴネー:王権と秘密の物語
木村 秀雄

終了時間 (17:50)

 

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2015年10月23日

「国際問題の理論と実践をつなぐ人材を育てよ」木村秀雄教授 退職記念インタビュー2

INTERVIEW / FEATURE 2015年11月14日

母国の貧困なくすファッションビジネス マレーシア人留学生ヒダヤ・モハマドさん

INTERVIEW / FEATURE 2016年02月02日

留学で得たインサイトを還元、日本人に足りない“自信と目的意識”を醸成する…前編

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年12月31日

経済学者が見た東北の復興。市場原理を超えたものが社会を動かしている

INTERVIEW / OBOG 2016年04月21日

30年ぶり再入学「人を説得する言葉を見つけに来た」…弁護士 笹本さん 前編

TOPに戻る