SPORTS 2015年10月12日

東大ラクロス男子 成蹊大破り予選リーグ全勝で決勝トーナメント進出

ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は10月12日、予選リーグ第5戦を成蹊大学と横浜みなとみらいスポーツパークで戦い、16―5で勝利した。東大は予選リーグ全勝で、予選1位としてFINAL4(決勝トーナメント1回戦)に進出する。

 

東 大|1168|16

成蹊大|0320|5

 

東大は第1クオーター(Q)中盤に先制点を決めるも、その後はゴールに迫りながら決めきれない。成蹊大にパスカットでボールを奪われ、前半終了時点で1点ビハインドとなる。しかし、後半に攻撃陣が奮起し一挙14得点。成蹊大に攻撃の機会をほとんど与えずに勝利し、6年連続のFINAL4進出に加え、2011年以来の予選リーグ全勝を決めた。

 

(文・横井一隆)

後半に逆転のゴールを決め喜ぶ小西登真選手(理Ⅱ・2年)(撮影・横井一隆)
後半に逆転のゴールを決め喜ぶ小西登真選手(理Ⅱ・2年)(撮影・横井一隆)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年10月22日

硬式野球 13残塁の拙攻で今季4度目の完封負け 法大との初戦を落とす

INTERVIEW / OBOG 2019年02月07日

「みんなで筋肉体操」出演東大卒弁護士に聞く 筋肉は裏切らない!

SPORTS 2018年04月22日

東大アメフト部 オープン戦初戦を無失点で快勝 相手のミスを攻撃につなげる

COLUMN 2017年12月18日

硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 監督・選手の話で振り返る秋季リーグ戦

SPORTS 2018年06月15日

【部員が見る軟式野球2018⑭】新人戦は一回戦敗退 打撃に課題か

TOPに戻る