SPORTS 2016年9月27日

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

開始10分、川原田選手(#9)のゴール前でバウンドするシュートで先制点=19日、葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場で(撮影・横井一隆)
開始10分、川原田選手(#9)のゴール前でバウンドするシュートで先制点=19日、葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場で(撮影・横井一隆)

 

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は19日、リーグ第4戦を中央大学と戦い、最大5点差を追い付かれ6―6で引き分けた。東大は2勝1敗1分けでグループ2位。3位の一橋大学が2勝2敗のため、東大が最終第5戦で敗れ、一橋大が第5戦を勝つと東大はリーグ戦敗退となる。

 

東大 3210|6
中大 0132|6

 

 第1クオーター(Q)、東大は正確なパス回しやこぼれたボールに競り勝つ力強さで試合を支配。ゴール左前で柚木原智裕選手(育・4年)からパスを受けた川原田直貴選手(文・3年)の先制ゴールを皮切りに第3Q序盤までに6得点する。失点は、体を寄せる守備やゴーリーの尾越諒太郎選手(工・4年)の好セーブで1点に抑える。

 

 しかしその後はゴール前の堅い守りに阻まれ得点を奪えず、バックパスのミスなどから第3Q後半に3失点。突き放したい東大は第4Q前半にシュートを6本放つも得点できず、後半にパス回しやカウンターで崩され同点に。直後に中大のカウンターでゴーリーと1対1のピンチを迎えるが、尾越選手の好セーブでしのぎ、試合終了。辛くも敗北は逃れた。

 

(児玉祐基)

 

【関連記事】

ラクロス男子、体格で上回る相手に苦戦 米・ホフストラ大に敗北

ラクロス男子 序盤の失点響き、開幕戦で慶大に4点差完敗

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

ラクロス男子 一橋大を破りリーグ通過へ前進

 


この記事は、2016年9月27日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2770_9_27pop622

 

ニュース:4年ぶり11回目の七大戦優勝 歴代最高得点を記録 東北大の4連覇を阻止
ニュース:慶大に無安打無得点喫す 硬式野球 2回戦は九回逆転負け
ニュース:ラクロス男子 中大と引き分け 5点リード守れず
ニュース:論文不正疑惑で本調査へ 150日以内に判断
ニュース:進学選択第3段階 対象者に結果発表
ニュース:秋季学位記授与式・卒業式を開催 総長「既存の枠組み超えよ」
企画:2017年度進学選択 第1・第2段階動向分析
企画:2017年度第2段階進学内定者数・基準点・最低点
企画:ゲームで話題「VR」の最前線 活用自在のリアルな映像
サークルペロリ:折紙サークルOrist
キャンパスガール:志岐薫さん(学際情報学府・修士1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年11月05日

陸上・近藤選手、箱根駅伝の学生連合入り 出走濃厚に

INTERVIEW / FEATURE 2015年03月31日

学園祭企画サークル、STEMS UT

SPORTS 2016年09月25日

アメフト 横国大を31-7で破り開幕2連勝

SPORTS 2015年09月26日

東大アメフト 横国大破り開幕2連勝

SPORTS 2015年10月03日

東大硬式野球 慶大との1回戦落とす

TOPに戻る