LATEST NEWS 2017年8月29日

ラクロス男子、開幕2連勝 千葉大に猛追許すも逃げ切る

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は25日、リーグ第2戦を千葉大学と戦い、12―8で白星を飾った。東大は第1クオーター(Q)に先制されるも、第2Qに7点を奪い取る。その後第4Qにて千葉大の猛追を許したが、リードを守りきった。学生日本一を狙う東大は、9月2日に中央大学と第3戦を戦う。

 

千葉大|1025|8

東 大|0732|12

 

 試合序盤から東大は多くのシュートを重ねるもなかなか決まらず、両者ともに点を取れない展開が続いた。第1Q終了間際に千葉大が1点を先制。千葉大のペースになるかと思われたが、第2Q開始直後に黒木颯選手(理Ⅱ・2年)がシュートを決め同点に追いつくと、ゲーム再開時のFO(フェイスオフ)でボールを奪った東大は素早くボールをつなぎ、たった1分で平松匠太選手(文Ⅲ・2年)がシュートを決め2-1に。そこから完全に東大のペースとなり、わずか6分の間に5点を奪って千葉大に反撃の隙を与えずに第2Qを終えた。

 

 第3Qでは、開始直後から千葉大が猛烈な反撃を見せ、1点を取られたが、その後は全てのシュートを防ぎ切る。開始10分、尾島慧亮選手(工・4年)がボールを奪って一人飛び出し、鋭くシュートを突き刺して8-2に。さらに川原田直貴選手(文・4年)がこの試合3得点目を決めるなど勢いが止まらない。10-3とさらに千葉大を引き離して第3Qを終えた。

 

第3Q、尾島選手(右)がゴールを決め、6点差に突き放す(撮影・田辺達也)
ハットトリックを決める川原田選手。計4得点の大活躍を見せた(撮影・田辺達也)

 

 第4Qは打って変わって千葉大のペースとなった。東大は序盤に2点を追加したものの、ここまでの猛攻の疲れが出たのかその後は千葉大に点をとられ続ける展開に。第4Q終了までに5点を奪われたが、前半のリードは守りきり、12-8で試合終了となった。最後まで東大ペースを保つという点ではやや課題も残ったが、リーグ戦突破に向け、順調に勝利を重ねた。

(文・高橋祐貴)

 

【関連記事】

ラクロス男子、残り1分で劇的同点ゴール 中大と引き分ける

ラクロス男子、リーグ戦を白星発進 17得点で獨協大を圧倒

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2017年08月01日

まさに知的な祭典 好奇心を揺さぶるイベントTEDxUTokyoが安田講堂で開催

COLUMN 2016年08月08日

【東大陸上運動部寄稿】リオ五輪「陸上」の見どころ

SPORTS 2016年06月29日

今季3勝、硬式野球部躍進の秘密と課題は?【投手編】

SPORTS 2016年10月07日

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

SPORTS 2016年09月10日

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

TOPに戻る