LATEST NEWS 2017年9月2日

ラクロス男子、残り1分で劇的同点ゴール 中大と引き分ける

 ラクロス部男子(関東男子1部リーグ)は9月2日、リーグ戦第3戦を中央大学と戦い、7-7で引き分けた。3年連続でFINAL4(決勝トーナメント1回戦)に進出している強豪・日本体育大学を第1戦で破り勢いに乗る中大に、東大は苦戦。同点で迎えた第4クオーター(Q)、2点を奪われ窮地に追い込まれるが、残り3分で2点を返し、辛くも引き分けに持ち込んだ。次は9月16日に日体大と第4戦を戦う。

 

試合残り1分に川原田選手がゴーリーとの1対1を制し、引き分けに持ち込んだ(撮影・竹内暉英)

 

東大|2212|7

中大|1312|7

 

 東大は開始8分、吉野潤選手(経・4年)が厳しく体を寄せられながらもゴール裏から回り込んでシュートを決め、幸先よく先制。しかし第1Q15分にマークが甘くなったゴール前の選手にパスを通され失点する。その後は相手オフェンスのスピードに振り切られシュートを打たれる場面が目立ち、第2Qに一時リードを許すが、相手のオウンゴールにも救われ同点で前半を終える。第3Qは互いに猛攻を仕掛けるが、東大ゴーリー・一ノ瀬幹司選手(農・4年)と相手ゴーリーが共に好セーブを見せ、両者1得点ずつ。またも同点のまま最終第4Qを迎える。

 

 すると東大は第4Q開始3分、相手オフェンスに細かいパスをつながれ失点すると、残り7分で再び失点。この試合で初めて2点差が付き、東大側の応援席には重苦しい空気が漂う。しかし残り3分、中大がファウルでディフェンスを1人減らした状態で、ゴール前でパスを受けた川原田直貴選手(文・4年)がシュートを決め、1点差とする。さらに残り1分、中大のパスミスでこぼれたボールをセンターライン付近で奪うとカウンターを仕掛け、川原田選手がゴーリーと1対1の勝負を制して劇的な同点ゴール。引き分けとし勝ち点1をもぎ取った。

 

第4Q、中大の選手(#77)の得点が決まり​​この試合初めて2点差に(撮影・竹内暉英)

 

 東大はこの試合を終え、2勝1分け。ブロック2位以上に与えられるFINAL4出場権獲得に向け負けられない戦いが続く。

(文・児玉祐基)

 

2017年9月3日10:20【記事訂正】使用する写真に不備があり、変更しました。

 

【関連記事】

ラクロス男子、開幕2連勝 千葉大に猛追許すも逃げ切る

ラクロス男子、リーグ戦を白星発進 17得点で獨協大を圧倒

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月10日

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

COLUMN 2015年03月23日

サークル紹介:K-PopダンスサークルSTEP

SPORTS 2015年10月05日

東大硬式野球 慶大に連敗で1勝6敗に

COLUMN 2014年05月10日

なぜ東大水泳部主将は「先回り思考」を重視するのか。

SPORTS 2017年05月21日

硬式野球 法大先発の前に散発4安打完封負け 10戦全敗で今季の全試合終了

TOPに戻る