LATEST NEWS 2017年9月17日

ラクロス男子 日体大と引き分け 次戦に敗れるとFINAL4出場厳しく

 ラクロス部男子(関東学生一部リーグ)は9月16日、リーグ戦第4戦を日本体育大学と戦い、6―6で引き分けた。東大は前半をリードして折り返すも第3クオーター(Q)に逆転を許す。第4Qに追い付いたが第3戦の中央大学戦に続いて引き分けた。これで東大は2勝2分けの暫定2位。次は10月1日、全勝中の一橋大学とリーグ戦最終戦を戦う。

 

ゴーリーの一ノ瀬選手(#12)ら守備陣の奮戦で同点を保った(撮影・横井一隆)

 

東 大|3111|6

日体大|1230|6

 

 東大は試合開始のFO(フェイスオフ)でボールを失うとそのままゴールを許し、開始約5秒で先制される。しかしその4分後、馬林理生選手(法・4年)がゴールから約20メートル離れた位置からのシュートを決め同点。その後の攻撃ではシュート数こそ少ないものの、効果的なゴール前へのパスで得点を重ねる。

 

馬林選手(#69)が得点後に駆け寄る選手たち(撮影・横井一隆)

 

 一方の守備は、序盤こそ佐藤隼選手(育・3年)を中心とした激しいプレスで相手ボールを奪う場面が見られたが、第2Q終盤から徐々に足が止まり、シュートを打たれる場面が増える。攻撃も第2Q以降、日体大のファウル覚悟の激しいプレスに苦しむ。なかなか点を奪えずじわじわ追い上げられると、第3Q終盤にゴール脇で一瞬の隙を突かれて立て続けに2失点。逆転を許し1点ビハインドで第4Qを迎える。

 

 第4Qは日体大のパスミスが多発し攻撃を仕掛け続ける展開に。すると第4Q10分、平松匠太選手(文Ⅲ・2年)がゴール前にこぼれたボールを拾い、倒れこみながら執念のシュート。同点に追い付く。試合終了間際に立て続けにシュートを浴びるも、ここはゴーリーの一ノ瀬幹司選手(農・4年)が好セーブで危機を逃れ、試合終了。3年連続FINAL4進出の強豪ながら、ここまで中大に敗北、今季1部に昇格した獨協大学に1点差勝利と波に乗れていない相手に痛い引き分けとなった。

 

平松選手(#28)が倒れながらも得点を決める(撮影・横井一隆)

 

 次の最終戦で一橋大に負けた場合、1勝1敗1分けで東大を追う日体大・中大のどちらかが残り2戦を2勝すると東大は3位以下に転落し、FINAL4(決勝トーナメント1回戦)出場権を8年ぶりに逃すことになる。特に中大は9月17日時点で全敗の2校との対戦を残しているだけに、次の一橋大戦は絶対に負けられない。

(文・児玉祐基)

 

【関連記事】

ラクロス男子 今季最多11失点で一橋大に敗北 予選リーグ敗退が濃厚に

ラクロス男子、残り1分で劇的同点ゴール 中大と引き分ける

ラクロス男子、開幕2連勝 千葉大に猛追許すも逃げ切る

ラクロス男子、リーグ戦を白星発進 17得点で獨協大を圧倒

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年08月29日

東大ラクロス男子 昨年度学生日本一の慶大に勝利 開幕戦を制す

SPORTS 2016年10月22日

硬式野球 13残塁の拙攻で今季4度目の完封負け 法大との初戦を落とす

SPORTS 2017年05月08日

【部員が見る軟式野球⑨】エース西野投手の好投で立大を下し、東大はリーグ準優勝

INTERVIEW / OBOG 2017年10月09日

アワビ研究者はなぜ作家に? 第2回サッカー本大賞・中村慎太郎さんインタビュー

COLUMN 2016年08月06日

【東大ラグビー部寄稿】リオ五輪「7人制ラグビー」の見どころ

TOPに戻る