LATEST NEWS 2020年3月9日

インクルーシブ工学連携研究機構とメルカリ「価値交換工学」で特任教員を公募

 インクルーシブ工学連携研究機構(RIISE)とメルカリの研究開発組織mercari R4Dによる「価値交換工学」連携研究部門は2月19日、特任教員を数人公募すると発表した。任期は1年だが再任可能で、最長2024年12月まで。同日には、1月に発足した同部門の設立記念シンポジウムも予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大を懸念し16日には延期が発表されていた。

 

 同部門では、誰もがフェアで安全な価値交換を行える社会を目指し、価値の分析・生成・交換に関する研究課題に取り組む。以前からmercari R4Dとモビリティなどに関する共同研究を実施していた、RIISE機構長の川原圭博教授(工学系研究科)は、組織単位での提携の意義を「5年10億円という規模は貴重で、分野横断的に新しい学問分野の創出に取り組める」と語った。大学で共同研究を実施することで、教育につなげられることも利点とした。

 

 メルカリの山田進太郎CEOは、歴史が浅く技術の蓄積が乏しい同社にとって大学の知は重要と説明。本年夏にはmercari R4Dの拠点を本郷に移し、東大との連携を深めるという。

 

 RIISEは昨年10月に発足した組織で、工学系研究科や情報理工学系研究科など六つの部局から成る。分野横断的な研究チームを組むことで、民間企業などとの連携を通じた未来ビジョン実現のための教育・研究を進めていくとしている。


この記事は2020年3月3日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:警戒態勢のなか2次試験実施 新型コロナの影響で合格発表の掲示中止
ニュース:東京都 NTT東 ローカル5Gの普及に向け連携
ニュース:メルカリ 「価値交換工学」で特任教員を公募
ニュース:推薦入試 73人が合格 制度変更近く公表か
ニュース:サウジ財団と支援組織設立
企画:新たな世界への入り口に 編集部員が選んだ入学前に読みたい4冊
企画:実態に即した議論が不足 入試改革の混乱を振り返る
企画:東大入試2020 2次試験傾向概観
企画:2次試験問題と解答例
地域の顔 本郷編:KAJITSU本郷店
キャンパスのひと:吉野知明さん(農・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2018年08月11日

世界一低ノイズのトランジスタを作製 渡邉峻一郎特任准教授ら

NEWS 2019年10月23日

量子もつれ「2次元クラスター状態」を初生成 量子コンピューター大規模化へ

COLUMN 2019年10月30日

【WHO, ROBOT①】ロボットと人の役割分担明確に ~東大教授と迫る「ロボット工学三原則」~

NEWS 2019年11月26日

東大基金への寄付が外部サイトから可能に 外部連携第1弾の寄付募集開始 

NEWS 2019年03月13日

小児の悪性脳腫瘍の病態を解明 子供の多様ながん治療に応用期待

TOPに戻る