COLUMN 2014年10月9日

「世界の歩き方」大学ミス候補たちのウォーキングレッスン

大学ミスコンのファイナリストとして、多くの人から注目されるミス候補たち。彼女たちは、人の注目を集めるアイドル的存在でありながら、一人の大学生女子でもある。ミス候補として活動することにともなう困難や葛藤、それを乗り越えながら精力的に活動するミス候補たちの生活に迫った。

miskon4.jpg

秋雨の降りしきる日曜日、都内某所にて、いくつかの大学のミス候補が有志でウォーキングレッスンを企画した。9つの大学から9人のミス候補が集まったこの会は、ミス・ユニバース・ジャパン(MUJ)のファイナリストである栗田あづみさんと、同ファイナリストのヒール杏奈さんから、ミス候補としての心構えと、壇上での立ち居振る舞いを習うというイベントであった。

大学ミスコンに焦点を当てた連載企画の第一弾として、今回はこのウォーキングレッスンの様子を簡単にご紹介しよう。

miskon8.jpg

ミスコンは自分のキャリアにとって一つの通過点

ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストである栗田あづみさんは、現在フリーランスのブランディングコンサルタントとして活動している。彼女は9人のミス候補を前に、「ミスコンは英検1級のようなものだ」と語った。

miskon1.jpg(写真中央が栗田あづみさん)

栗田さんがミス候補者に語ったことの趣旨は、「ミスコンは大きな注目を集めるイベントではあるが、それはあくまで自分にとっての通過点であり、ミスコンの後に何をやりたいかが重要である。ミスコンに参加することで得たものを活かして、今後の自分のキャリアを考えなくてはならない」ということだった。

また栗田さんは、ミスコン候補者が他人の評価にさらされる立場にあることに関して、「自分にとって変わらない魅力を持った自分を見つけること」が大切だと語った。

見られる・評価される立場になったからといって、他人の価値観に流されるのではなく、自分の価値観で自分を見ることが大事」なのだという。自分の価値観に悩んだら、小さい頃好きだったことを思いだし、それがなぜ好きだったのか考えると、そこに自分の価値観が隠れていることがあるという。

miskon2.jpg

どれだけスキがないかの連続が美を作る

その後、ヒール杏奈さんを交えてウォーキングレッスンに入った。初めはぎこちなかったミス候補者たちも、ヒールさんや栗田さんの指導を受けてみるみる上達していった。

ヒールさんは、「スタジオの鏡でちゃんと自分を見なさい」と強調。立ち居振る舞いが変わるだけで、美しさがみるみる増していくミス候補たちに、後ろで眺めていた筆者は感慨しきりであった。

miskon3.jpg右が駒沢大学の橋本祐依さん、左が明治学院大の関根苑子さん、 中央がウォーキングコーチのヒール杏奈さん

miskon5.jpg

慶応SFCの豊福ゆみなさん

miskon6.jpg実践女子大学の今野知佳さん

PA052750.jpg手前がコーチのヒール杏奈さん、奥が清泉女子大の近藤ゆいさん

PA052743.jpg共立女子大の山口未来さん

miskon7.jpg

左が首都大の高井ひろえさん、右が専修大の林真由さん

この特集では精力的に活動するミス候補たちの素顔を追う。次回は、 「女性のキャリア」という視点から、ミス候補たちに自分の将来像を語ってもらった。大学ミスコンのファイナリストとして、また一人の学生として、彼女たちは何を考えながらミスコンに参加しているのだろうか。

(文責 須田英太郎)

栗田 あづみ

ブランディングコンサルタント 、メンタルコーチ 、ミス・ユニバース・ジャパンファイナリスト  

幼少より訪れた様々な土地、海外生活、外資系金融機関勤務、国際社交といった バックグラウンドから培ったグローバルでクリエイティブな感性を生かして、フリーラン スのブランディングコンサルタントとして活躍する傍ら、企業のブランディングのみな らず、個々のセルフコンフィデンスと成功への関わりに興味を持ち、メンタルコーチン グのスキルを取り入れたセルフブランディング手法も定評ある。また、ライフワークで もある旅好きが乗じ、海外旅行のアドバイス、海外からのVIPアテンドなども行い、多 岐に渡り活躍中。

BLOG:『ワンランク上を目指す自信術』 http://ameblo.jp/az-style-616/

-----

Hiel 杏奈(ヒール アンナ)

パーソナルスタイルプロデューサー(ウォーキング・ポージング・メイク)、ミスユニバースファイナリスト

大阪生まれ。幼少時代から8年間習ったクラッシックバレエで表現することの楽しさを知り、モデル活動を始める。
大学卒業後、ミスユニバースのファイナリストに選考され上京。ディレクターであるInes ligronの自宅に泊まり込みのトレーニングを受け、女性の美しさに対する考え方が180度変わる。この頃にセルフプロデュースの重要性に気づき、自分が学んで来たセルフプロデュースを広めたいという思いから活動を始める。モデル時代に習得したエレガントウォーキングが目に留まり、ミスユニバースのファイナリスト達へのレッスンやInes ligron自身のビューティイベント(INES STYLE)にもウオーキングとメイクアドバイスの講師として参加する。その他には、アパレル会社の社員向けの企業研修や、執筆、一般向けのパーソナルレッスンや、お友達同士など団体向けのビューティセルフプロデュースのイベントを行う。
国際結婚後、一児の娘を授かってからはママ向けにもカンタンで綺麗に見える術を教えている。

http://s.ameblo.jp/anna198281/

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2016年11月11日

東大女子同窓会「さつき会」 東大女子向け就職・進学ガイダンスを29日に開催

EVENT 2016年10月04日

「東大ガールズハッカソン」開催 ウェアラブルデバイスをHackしよう

EVENT 2016年09月19日

東大ガールズハッカソン開催決定!―わたしが作るはじめてのアプリ―

SPORTS 2014年03月03日

東大「なでしこ」誕生 ア式蹴球部(サッカー部) 8月以降リーグ戦

INTERVIEW / FEATURE 2014年12月24日

東大駒場祭にまじめなアイドル! ゆっふぃーこと寺嶋由芙さんインタビュー

TOPに戻る