SPORTS 2016年8月3日

七大戦、18競技終了時点で13.5点差首位

 第55回全国七大学総合体育大会(七大戦)の7競技が7月16~24日にかけて実施され、東大は優勝した競泳男子を筆頭に6競技で7大学中4位以上と健闘した。全42競技中18競技を終えた24日時点で東大は合計110・5点とし、現在2位の大阪大学に13・5点差まで迫られつつも首位を維持した。

 

 16~18日に実施されたラクロス女子、剣道男子・女子、空手道男子・女子で、東大はそれぞれ2位、2位、6位、4位、4位と善戦。23~24日に行われた競泳男子・女子では、男子が優勝を果たすも前回優勝の女子は4位に終わった。

 

【関連記事】

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位(2016年7月7日公開)

七大戦開会式を安田講堂で挙行 硬式テニス男子で優勝し、東大が首位を快走(2016年7月13日公開)

七大戦、追い上げ許すも東大が首位堅持(2016年7月19日公開)

 


この記事は、2016年8月2日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2769_8_2pop622

インタビュー:恥を承知で挑戦せよ 都内で義務教育初の民間校長 藤原和博さん
ニュース:定員・方式に変更なし 推薦入試 理Ⅲ面接は「検討中」
ニュース:宮台投手 日米野球で先発 2回2/3で5奪三振
ニュース:七大戦 18競技終え13.5点差首位
企画:教職に就かない東大生の実情 多忙さ故に避ける傾向 研究職の「保険」とする学生も
企画:情報社会の可能性を体感 デジタル教材で幼児教育はどう変わる
企画:2022年度までに「公民」「道徳」を再編 政治教育を活性化させる?
推薦の素顔:河野遥希さん(文Ⅱ・1年→経)
連載小説:『猫と戦争と時計台』㊱
研究室散歩:@宗教学 西村明准教授(人文社会系研究科)
Campus百景:歴史紡ぐ編集部
世界というキャンパスで:稲村侑華さん(文・4年)⑦ オランダ留学編① 
キャンパスガール:上田ひかりさん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2015年07月01日

東大アメフト 京大に10年ぶり白星 終了間際に逆転

COLUMN 2016年08月07日

【東大庭球部寄稿】リオ五輪「テニス」の見どころ

SPORTS 2016年10月02日

硬式野球、開幕6連敗 初登板1年生左腕が初回に3失点

SPORTS 2016年05月28日

ホッケー男子 今季初得点も逆転負けで1部2部入替戦出場が決定

SPORTS 2016年11月05日

陸上・近藤選手、箱根駅伝の学生連合入り 出走濃厚に

TOPに戻る