SPORTS 2018年11月13日

【部員が見る東大軟式野球2018秋⑩】最終戦は慶大に4ー2で勝利 今季は通算3勝で閉幕

秋季リーグ戦第10戦vs慶應義塾大学(10月17日)

 

東大 0 0 0 1 0 0 0 3 0 | 4

慶大 0 1 0 0 0 0 1 0 0 | 2

 

 1ヶ月半にわたった秋季リーグ戦の最終戦、チームの目標であった東日本大会出場は逃したものの、勝って来季以降につなげたい東大は、既に東日本大会出場が決定していた慶應義塾大学と対戦した。東大は先発に主戦西野(育・3年)を送り出す。

 

2安打を放ち勝利に貢献した中谷選手(写真は軟式野球部提供)

 

 試合は二回裏、二死から西野が連打を浴び、慶大に先制点を許す。東大の反撃は四回表。先頭の二番中谷(理Ⅱ・2年)が安打で出塁し盗塁を決めると、続く三番保知(文Ⅱ・2年)の打球が野選を誘い無死一・三塁の好機を作る。ここで、この試合四番に起用された川﨑(経・3年)が内野ゴロを打ち、三塁走者の中谷が生還、東大が同点に追いつく。

 

 このまま試合は進むが七回裏、西野が四球の走者を二塁に置いた場面で左翼手の頭を越える適時二塁打を打たれ、慶大に勝ち越しを許す。続くピンチは、この場面で登板した水田(文Ⅰ・1年)がしっかりと断ち、相手に傾きかけた流れを引き戻す。

 

好救援でリーグ戦初白星をあげた水田投手(写真は軟式野球部提供)

 

 すると直後の八回表、二番中谷と四番川﨑の安打などで一死一・二塁の好機を作ると、続く五番松岡(理Ⅰ・2年)の打球を一塁手が処理しきれず東大が同点に追いつく。なおも一死二・三塁の場面では西野がスクイズを決め、ついに東大が勝ち越しに成功する。その直後に相手の暴投でさらに1点を追加すると、八回裏からは西野が再登板。相手の反撃を断ち切り、東大が見事勝利した。

 

 目標としていた東日本大会出場は叶わなかったものの、最終戦の勝利は来季につながる1勝になった。今リーグの悔しさを糧に、春季リーグで優勝して全国大会への出場を果たすべくこれからの練習に励んでいきたい。                                 

文責:軟式野球部 澤根和真(文Ⅰ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年10月10日

硬式野球 三木投手が好投も打線振るわず完封負け 勝ち点取れず次節が最終節

SPORTS 2016年10月21日

【部員が見る軟式野球⑥】過密日程の初戦は早大に惜敗

INTERVIEW / FEATURE 2016年06月01日

アメフト部、52年ぶり京大戦2連勝の要因とは 竹之下監督インタビュー

SPORTS 2016年06月27日

ホッケー女子 1部2部入替戦に敗れ1部昇格ならず

SPORTS 2019年07月25日

東大スポーツ 2019年春を総括【アメフト】試合運びに課題 厚い選手層構築へ

TOPに戻る