SPORTS 2016年10月27日

【部員が見る軟式野球⑩】初回先頭打者本塁打で先制も逆転負け リーグ最下位で終戦 

軟式野球部秋季リーグ戦第10戦vs慶應義塾大学(10月21日)

 

東大 1 0 1 0 0 0 0 1 0 | 3

慶應 3 0 0 0 0 0 2 0 × | 5

 

先頭打者本塁打を放った大川選手(写真は軟式野球部提供)
先頭打者本塁打を放った大川選手(写真は軟式野球部提供)

 

 秋季リーグ最終戦となった慶應義塾大学との試合、来季へと繋がる一勝が欲しい東大は先発に今季初先発となる二年生投手の濱野(文Ⅱ・2年)を送り出す。先攻の東大は初回、先頭の大川(工・3年)が初球を捉え右中間に本塁打を放ち幸先良く先制に成功する。しかしその裏、慶應打線の本塁打等を含む猛攻で三点を失いすぐさま逆転を許してしまう。

 

 三回表、この回先頭の大音(工・3年)が四球を選び出塁するとすかさず盗塁に成功、さらに大川の進塁打で一死三塁とすると続く新造(理Ⅱ・2年)の内野ゴロの間に三塁走者の大音が生還し一点を返す。その後は両大学投手の好投で膠着した試合展開となるが七回裏、先頭打者を死球で出塁させてしまうとその後の連打により二点を失ってしまう。直後の攻撃で先頭の大音が左前安打で出塁、相手投手の暴投で得点圏に走者を進め続く大川が左前適時打を放ち一点を返すものの反撃はここまで。三対五で慶應義塾大学に敗れた。

 

 この試合をもって東京大学は秋季リーグの全日程を終え、結果は二勝七敗一分で最下位に終わった。目標であった東日本大会進出は叶わなかったが、今季で得た反省を活かして練習に取り組み、来季こそリーグ優勝・上位大会進出を達成し今季の雪辱を果たしたい。

 

軟式野球部 豊嶌謙大朗(文Ⅱ・2年)

 

【関連記事】

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

【部員が見る軟式野球②】早大に粘りの逆転勝ちで今季初勝利

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

【部員が見る軟式野球④】失策響き慶大に惜敗

【部員が見る軟式野球⑤】1年生・西野投手の好投で法大に快勝 連敗止める

【部員が見る軟式野球⑥】過密日程の初戦は早大に惜敗

【部員が見る軟式野球⑦】明大にノーヒットノーラン喫す 東日本大会出場の可能性が消滅

【部員が見る軟式野球⑧】首位明大にサヨナラ負け 今季負け越しが決定

【部員が見る軟式野球⑨】好機作るも、あと一本出ず 拙攻目立ち4連敗

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年04月09日

硬式野球部 宮台投手が毎回の13奪三振もサヨナラ負け

SPORTS 2016年06月26日

アメフト、防衛大に35-10で勝利 オープン戦を5勝1敗で終える

SPORTS 2016年06月15日

ホッケー男子、全敗でリーグ最下位に 1部残留懸け26日に入替戦

SPORTS 2015年04月20日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第1戦

SPORTS 2015年10月12日

東大硬式野球 明大に零封され連敗

TOPに戻る