SPORTS 2016年5月6日

開始9分で先制も、3連続失点で開幕2連敗 ア式蹴球部男子

 ア式蹴球部男子は4日、東京都大学サッカーリーグ1部第2節で立正大学と戦い、1―3で敗れた。前半9分に多田憲介選手(経・3年)が先制点を挙げるも、後半終盤に守備が崩壊し3失点。東大は1日のリーグ開幕戦で日本大学に1―4で敗れており、開幕2連敗となった。

 

東 大 1 0|1

立正大 0 3|3

 

 開幕戦を落とし、勝利が欲しい東大。強い風が吹き荒れる本郷キャンパス御殿下グラウンドで、立正大学とのホーム開幕戦に臨んだ。

 

 前半早々、東大が試合を動かす。味方からパスを受けた多田選手が前半9分、ペナルティエリアに侵入し、中央に切り込み相手を振り切ってシュート。ボールはゴール右隅に突き刺さり、東大が1点をリードする。

 東大は前半、前線からの厳しい守備で流れをつかむ。ボールを奪われても即座に複数人でプレスを仕掛け、立正大にボールを持たせない。前半32分には中央から痛烈なミドルシュートを打たれるも、ゴールキーパーの石川悠吾選手(養・4年)がボールを外に弾き出した。

 直後には長久保凱生選手(農・4年)が右サイドを突破し強烈なミドルを放つも、ボールはゴールの少し左に。前半終了間際にはペナルティエリア内で東大の選手が倒されたが、ファールは無し。追加点を奪えないまま前半終了となった。

 

 後半は両校とも攻めあぐねる展開に。後半26分には立正大のクロスに合わせたヘディングが東大ゴールに飛ぶも、石川選手がセーブ。後半31分には東大が前線でボールを奪い、抜け出した服部直弘選手(工・3年)がシュートするが、立正大ゴールキーパーに阻まれた。

 このまま勝利を収めたい東大だったが、後半36分に失点。ロングボールに抜け出した立正大FWにゴールを決められ、試合を振り出しに戻される。

 すると前線から精力的に継続していた守備が崩壊。3分後の後半39分に混戦の中から逆転ゴールを許すと、後半ロスタイムには守備の統率の乱れから追加点を奪われる。

 

 終わってみれば3失点の大敗で、開幕2連敗。第3節は山梨学院大学と、5月8日正午から本郷キャンパス御殿下グラウンドで戦う。

 

(取材・石原祥太郎)

 

【関連記事】

大手商社をけってJリーグへ。史上二人目の東大生Jリーガー誕生

東大「なでしこ」誕生 ア式蹴球部(サッカー部) 8月以降リーグ戦

東大女子サッカー部、文京区の女子サッカーチームを創設

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年12月28日

【東大スポーツ2018総括】ラクロス男子 守備陣奮闘で関東2位 攻撃に好不調の波

SPORTS 2016年12月17日

アメフト、日体大に敗れTOP8昇格逃す 勇退の竹之下監督「トータルで力負け」

SPORTS 2019年10月16日

硬式野球 立大に連敗 打線は四回以降無安打

SPORTS 2016年04月11日

硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

NEWS 2018年01月02日

近藤秀一選手、箱根駅伝出走ならず 3度目の連合チーム入りも無念の欠場

TOPに戻る