SPORTS 2019年4月8日

【部員が見る東大軟式野球2019春②】チャンス生かせず明治大に惜敗

軟式野球部春季リーグ第2戦vs明治大学(3月18日)

 

東大 0 0 0 0 0 1 0 0 0 | 1

明治 0 0 0 0 1 2 0 0 × | 3

 

 第1戦を勝利で飾った東大の第2戦の相手は、先リーグ優勝の明治大学。連勝で勢いをつけたい東大は先発のマウンドに左腕エース、田中(理Ⅰ・2年)を送り込む。

 

 試合が動いたのは五回。捕手川野輪(理Ⅰ・2年)の2度の盗塁刺殺などにも助けられ、ここまで粘りの投球で明治打線を押さえ込んでいた田中が、二塁打と暴投で1死三塁のピンチを迎えると、センターへの適時打を浴び、1点を先制される。

 

 しかし、直後の六回表、本学は今リーグ戦で攻守に活躍の光る四番吉川(工・3年)が本塁打を放ち、同点とする。試合を振り出しに戻した直後の六回裏、無死から失策でランナーを出すと、田中が2点本塁打を浴び、再びリードを奪われる。

 

六回に本塁打を放った吉川(工・3年)と祝福するベンチ(写真は軟式野球部提供)

 

 その後小川(経・3年)が完璧なリリーフをみせ、打線も九回表に1死満塁のチャンスを迎えたものの得点には至らず、本学が13で敗戦した。

 

好救援をみせた小川(経・3年)(写真は軟式野球部提供)

 

 文責:軟式野球部 小泉彰(文Ⅲ・2年)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年02月02日

競技の様子はまるで「雪上のF1」 平昌五輪「アルペン」の見どころ

SPORTS 2019年07月15日

七大戦 東大6競技終え総合首位 少林寺拳法は8連覇逃す

SPORTS 2016年09月08日

【部員が見る軟式野球①】秋季リーグ開幕戦は立教と引き分け 九回に追いつく

COLUMN 2014年03月12日

【サークル奮闘記】女子だって試合に出たい!運動会ゴルフ部、女子部大改革

SPORTS 2019年10月27日

硬式野球 法大に惜敗 小林投手は2失点の力投も打線つながらず

TOPに戻る