SPORTS 2019年5月1日

【部員が見る東大軟式野球2019春⑦】早稲田大に1-0で惜敗 今季初の完封負け

軟式野球部春季リーグ第7戦vs早稲田大学(4月16日)

 

早大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 | 1

東大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0

 

 東大の第7戦、相手は今季初めての対戦となる早稲田大学。全日本出場に向けて絶対に負けたくない東大は、エース西野(育・4年)をマウンドに送る。試合は両者ともにチャンスを作りつつも、得点が入らないまま進んでいく。初回、最初にチャンスを作ったのは早稲田大学。先頭がヒットで出塁すると、2死三塁とするがここは西野が踏ん張り先制点を与えない。その裏東大も、相手のバッテリーミスにつけこみ2死三塁とするが、得点することができない。その後も西野は、安打などでランナーは出すものの得点は許さない粘りの投球で早稲田打線を七回まで無得点に抑え込む。しかし、一方で東大打線も相手投手に抑え込まれて得点することができない。

 

この日も9回を1失点にまとめる好投を見せた西野(育・4年)(写真は軟式野球部提供)

 

 その後、先に決定機を迎えたのは東大だった。六回表、1死後に保知(経・3年)が敵失で出塁すると、吉川(工・3年)と青木(法・3年)が連打で続き1死満塁のチャンスとなる。しかし、ここでヒットエンドランを仕掛けると投球はボール球となり、静間(育・3年)はなんとかバットに当てるものの小フライとなり、ダブルプレーで好機を逃す。

 

 するとその後、八回表にはヒットと四球で2死一、二塁のピンチを迎え、ここで迎えた相手の四番打者には先制の右前適時打を許してしまう。その後も続いたピンチは西野が気迫のピッチングで切り抜けたが、東大の八回、九回の攻撃ではそれぞれ代打を送ったものの共に三者凡退に終わり、東大は1対0で完封負けを喫した。

 

四番打者として鋭い打球を放つ吉川(工・3年)(写真は軟式野球部提供)

 

 春季リーグが残り三戦となった中、東大は全日本出場に向けて一度でも負けたら終わりという厳しい状況に陥ってしまった。しかし残る試合に勝てば、優勝の可能性は十分にある。後がない状況のなか、残る試合では一つずつ勝ちを積み重ねていきたい。

文責:軟式野球部 野口航太郎(文Ⅱ・2年)

 

【部員が見る東大軟式野球2019春】

開幕戦、西野投手の好投で慶應大に粘り勝ち

チャンス生かせず明治大に惜敗

西野投手の好投で法政大下し序盤戦勝ち越す

エース好投も慶應大にサヨナラ負け喫す

投打噛み合い立教大に勝利 今リーグ3度目の完封勝ち

好機生かせず法政大に1-1で引き分ける

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2014年12月30日

東大ラクロス男子5年連続でFINAL4進出

COLUMN 2018年11月07日

東大生虎党に聞く、なぜ弱かった今年の阪神 主砲不在、若手は甲子園の大観衆に萎縮?

SPORTS 2016年04月23日

【部員が見る軟式野球⑥】慶應との2位対決に敗れ、優勝が消滅

SPORTS 2019年04月14日

硬式野球 18失点を喫し法大に連敗 打線は終盤に粘りを見せる

SPORTS 2019年09月27日

【部員が見る東大軟式野球2019秋⑦】先制許すも慶應大に6-2で逆転勝ち

TOPに戻る