LATEST NEWS 2015年11月22日

東大2016年度推薦入試、募集100人に173人出願 定員割れの学部も

    東大は9日、後期日程試験に替えて実施する2016年度推薦入試の出願状況を公表した。全学部合わせて100人程度の募集人員に対し出願者数は173人で、経済学部と薬学部では定員割れした(表)。定員割れの場合も合格基準を満たす受験者を選抜する予定で、出願者全員を合格させるとは限らないという。

151117suisen

 

   出願受け付けは2日に始まり6日で締め切られた。出願時点の全学部の倍率は1.7倍。15年度前期日程試験の出願時点での全科類の倍率は約3.2倍で、約半分となった。14年5月に東大は第1次選考の合格者数を各学部の募集人員の2~3倍程度としたが、出願時点で2倍を上回ったのは法学部、教養学部、理学部、医学部医学科のみだ。

 書類審査の第1次選考の結果は12月1日に通知。面接などの第2次選考、センター試験を経て2月10日に最終合格者が発表される。

 

 

この記事は、2015年11月17日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2738_11_17pop-01

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年03月26日

後期日程試験合格発表 待ちに待った東大合格 最低点は上昇

NEWS 2017年11月23日

18年度東大推薦入試 出願者は微増の179人 45都道府県から出願者あり

COLUMN 2016年02月19日

【受験生応援】私の「不合格」体験談①

COLUMN 2015年02月25日

東大生に聞いた受験当日の感想〈理科地歴・英語編〉

NEWS 2017年03月10日

4年ぶりに番号掲示 3012人が合格 理科で最低点上昇

TOPに戻る