COLUMN 2018年4月21日

【新入生アンケート2018 ②大学生活】 奨学金受給者は16%

 東京大学新聞社は3月29・30日、全新入生を対象にアンケートを行い、新入生3132人の92%に当たる2866人から回答を得た。このアンケートは毎年諸手続き時に行う東大生対象の唯一の全数調査で、受験や大学生活、進路への意識、東大の諸制度や社会問題への賛否などを質問。アンケート結果から、今年の新入生の傾向を分析した。(本文中の割合は小数点第一位を四捨五入)

 

(構成・一柳里樹)

 

大学生活

 大学生活で最も重視したいことは「学業」が68%で最多。第1選択肢以外の重視したいこととしては「部活・サークル」52%、「アルバイト」26%などを選ぶ新入生が多かった。

 

 前期教養課程のカリキュラムへの期待度は「非常に期待している」「どちらかといえば期待している」を合わせ94%と2年ぶりに9割を超えた。給付金をもらう予定の新入生は16%の453人で、中でも今年度から本格実施される日本学生支援機構の給付型奨学金を受給する予定の学生は全体の4%の125人。複数の奨学金をもらう予定の人も48人いた。

 

進学先

 

 近年制度変更が相次ぐ進学選択制度の賛否を尋ねると、「評価する」「どちらかといえば評価する」が合計94%。進学選択制度が非常に多くの新入生に支持されていることが分かった。

 

 前期日程と外国学校卒業学生特別選考で入学した新入生に、出願時に後期課程の進学先が決まっていたか聞いたところ、「全く決まっていない」人が昨年より2ポイント多い42%に上った。「学科・専修まで決まっていた」人は16%だった。

 

 

 学部・学科選びで重視するものでは、90%の新入生が「自分の興味」を選択。以降、「就職の強さ」(21%)、「教員」(8%)と続く。理系学部進学を目指す文科生は28人、文系学部進学を目指す理科生は66人だった。

 

 

【関連記事】

【新入生アンケート2018 ①受験】56%が入試解答非公表を支持

【新入生アンケート2018 ③進路】41%が就職を不安視

【新入生アンケート2018 ④社会問題】憲法に自衛隊明記「賛成」52%

 

2017年度の新入生アンケート

東大新入生アンケート2017① 推薦合格者、女子は4割 「エリート意識ある」半数割れ

東大新入生アンケート2017② 支持政党は自民36%、民進4.5% 無支持は43%


この記事は、2018年4月17日号からの転載です。新入生アンケートの全結果は紙面で掲載しています。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:「駒場ワンダーランド」で知的欲求を満たす 若手実業家・御手洗さんインタビュー
ニュース:「変化楽しんだ先人に学んで」 学部・大学院で入学式
ニュース:国大協が共通指針を発表 大学入学共通テスト 東大は方針変えず
ニュース:最遠方記録大幅更新 90億光年先の単独の星を観測
企画:視野広げ 己知って 2年生が振り返る 東大生活この1年
企画:英語の資格試験はいつ受けるべき? 目的見極め早めの準備を
企画:新入生アンケート2018 家賃支援 受験生に浸透 親の経済力、入学への必要度増す?
東大最前線:北極海の波浪観測 早稲田卓爾教授(新領域創成科学研究科)
東大今昔物語:1984年4月17日発行号より 酒に飲まれる東大生
サークルペロリ:SEDS UTokyo 留学生と宇宙目指す
キャンパスガール:髙木友貴さん(文Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

 

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年03月02日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見たフランス語の姿

COLUMN 2017年03月07日

【東大受験生応援連載】入学直後に東大を飛び出す「FLY Program」とは

NEWS 2015年10月15日

秋季入学式、3年ぶりに安田講堂で 新入生は625人

COLUMN 2017年03月05日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見た韓国朝鮮語の姿

COLUMN 2016年10月08日

【2016年9月アクセスランキング】1位は進学選択 七大戦、秋のスポーツにも注目

TOPに戻る