LATEST NEWS 2018年2月8日

東大にVRの教育研究施設を設置 先進的教育システムの普及へ

 東大は1日、バーチャルリアリティー(VR)の研究を進める「バーチャルリアリティ教育研究センター(VRセンター)」を設置した。VRの基礎研究を先導し、教育など多様な分野へのVR技術の展開を推進する。

 

 VRセンターには、基盤研究部門と応用展開部門を設置。基盤研究部門は人間の知覚・心理やVRの基盤となる技術を、応用展開部門はVR技術の医療・教育・芸術などへの応用を対象とする。両部門とも、VR分野を担う人材育成とVR技術を活用した教育システムの普及を目指す。

 

 センター設立の中心となった石川正俊教授(情報理工学系研究科)は1日の記者会見で、センター設置の理由を「近年の急速なVR技術の進歩に、大学として迅速に対応するため」と説明。七つの研究科・機関から、機械工学・身体情報学などVR技術に関連する研究に携わる教員12人が運営委員となる。

 

 センター長を務める廣瀬通孝教授(情報理工学系研究科)は「将来的には、他大学や研究機関と連携する」と発表。他の研究分野や産業界にも開かれた開発環境を整備し、VR技術普及の世界的拠点を目指す。

 

記者会見に臨む石川教授(右)と廣瀬教授=1日、本郷キャンパスで(撮影・山口岳大)

この記事は、2018年2月6日号の記事を再編集したものです。本紙では、他にもオリジナル記事を公開しています。

 

 

インタビュー:企業に頼らずキャリア開け 有田伸教授(社会科学研究所)
ニュース:VRの教育研究施設を設置 先進的教育システムの普及へ
ニュース:保育園運営企業と協定 教育学研究科 保育の質向上を目指す
ニュース:生体の精細な観察に道 顕微鏡の撮影速度短縮で
ニュース:新型の小型センサー開発 軟らかさの計測容易に
ニュース:記憶や認知に必要なシナプス除去の仕組み解明
企画:「就活」だけが全てじゃない 医師→法律家、起業……それぞれの道
企画:紙上OB・OG訪問 東大OB・OG/採用担当者に聞く就活のポイントとは
企画:欲しがる企業 切る学生 複数内定のオモテウラ
研究室散歩:身体教育学 森田賢治准教授(教育学研究科)
キャンパスガイ:小林新九郎さん(理Ⅲ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年04月10日

江川達也はいま学生だった! 「映像を自分でつくる勉強をしています」

COLUMN 2017年01月30日

The Universal Value of Education Found in Bangladesh and Japan

COLUMN 2017年11月17日

【N高生のリアル⑨】「孤独な通信制」という常識を覆す Slackで育まれる友情

NEWS 2014年06月17日

ドワンゴ川上会長「大学は、教育ではなく研究をしてほしい」

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年10月30日

【初年次ゼミナール特集企画】中心教員に聞く! 大学の学びにつながる授業とは

TOPに戻る