COLUMN 2020年6月20日

キャンパスのひと 河暎健(かわ・えいけん)さん(理Ⅲ・2年)

「なんとなく」出場した鉄門野球部の試合にて(写真は河さん提供)

 

風任せに豊かな日々を

 

 「いやあ、なんとなくっすねえ」。取材冒頭、医学部進学が中心となる理Ⅲを志望し、現在も医学科を目指す理由に記者は面食らった。だがこれはつれない返事なのではなく、河さんは本当に直感で生きているのだ。サークルも「なんとなく」入り、「なんとなく」足が遠のいたという……。

 

 そんな徒然なるままに思える生活は無気力とは程遠い。本人は「暇なんで」と笑うが、読書と映画鑑賞は欠かさない。小説や人文書などを月に50冊、映画も年に100本ほど。芥川龍之介の『蜜柑』の素晴らしさから、40年代の米映画のアナーキーな魅力、ミステリー小説の批評まで、話は広がる。

 

 今一番興味があるのは仏教。「幸福を特に重んじている宗教だと思うので」。本人が「銀座で美容整形をやるかもしれないし、タイで僧侶になってるかもしれない」と語る未来も風任せなのだろう。


この記事は2020年6月9日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:受かってからを意識した資格勉強 「資格スクエア」創業者鬼頭政人さんに聞く
ニュース:活動制限レベルを引き下げ 進行中の実験・研究は最小限の人数で実施可能に
ニュース:新型コロナ 新検査法開発
企画:官庁訪問2020 東大出身者・採用担当者が語る国家公務員の仕事
企画:傾向つかみ有効な対策を 資格予備校に聞く公務員試験
キャンパスのひと:河暎健さん(理Ⅲ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2017年08月02日

TEDxUTokyo 2017 see・saw 究極の遊具で遊んだ人々の声

NEWS 2017年05月27日

東大進学選択注意点 自分の意志重視の志望へ 第2段階で変更大

COLUMN 2016年06月17日

NHK『とと姉ちゃん』から見る東大 花森安治の青春を「帝国大学新聞」で振り返る

COLUMN 2019年01月08日

【駒場のアツいゼミ特集③】ハイデガー哲学 思想家の大著から人間関係を考える

EVENT 2016年04月12日

東大で入学式 ノーベル賞・梶田教授「課題見つける力を養え」

TOPに戻る