東大新聞オンラインへ

東京大学新聞社について

組織概要 / 理事長あいさつ / 主な事業 / 役員等一覧 / 沿革 / 編集部員募集 / プライバシーポリシー / 公告 / お問い合わせ

理事長あいさつ

理事長挨拶

 

2017年5月から、公益財団法人東京大学新聞社の理事長に就任しました。ここに、謹んでご挨拶を申し上げます。

東京大学新聞は、1920(大正9)年創刊以来、まもなく100年を迎えようとしています。東京大学、そして近現代の日本社会とともに、東京大学新聞も時々の時代の変遷に対応しながら、歩んでまいりました。近時のICTの発展はめざましく、新聞をはじめとするメディアのあり方は大きな変容に直面しています。東京大学新聞も、2014年から『東大新聞オンライン』を運用し、幅広い読者の獲得を目指しています。

しかし、変わらないもの、変わるべきでないものもあります。事実を丹念に取材し、公正に報道することを通じて知る権利に奉仕するというジャーナリズムの使命、とりわけ東京大学の情報を内外に提供して大学関係者や社会の正当な関心に応えるという大学新聞のあり方は、東京大学新聞が築き上げてきた伝統です。これらの伝統を堅持し、同時にそれを創造的に発展させていくことが、現在の東京大学新聞に課せられた課題であると、私は考えています。

東京大学新聞は、現役の学部生・院生のみなさんの自発的・積極的な参画を得て、編集され、運営されています。デジタル・ネイティヴ世代の斬新な発想、創意や熱意が、新しい時代の新聞という姿を現す過程は、過去と未来が融合して、現在を形作る営みでもあります。

よき伝統を作り上げ、現在も関心をもって見守ってくださるOB・OGのみなさん、取材対象者や寄稿者として関わりを持たれる大学関係者のみなさん、一号一号の発行や情報発信を支えて下さる読者や印刷・広告のみなさん。多様なステークホルダーの方々の理解と支援があってはじめて、東京大学新聞は今日も活動を続けています。

東京大学新聞は、公益財団法人として求められる責任を果たしつつ、「東大新聞だからできること」「東大新聞しかできないこと」を追求してまいります。ご期待ください。

 

2017年7月

公益財団法人東京大学新聞社理事長

(東京大学法学部・大学院法学政治学研究科教授)

宍戸 常寿