PICK UP

「東大ガールズハッカソン2020」オンライン開催決定 参加者募集、開始します!

EVENT 2020年07月07日

 東大女子のための、プログラミングをゼロから学べるアプリづくりコンテスト「東大ガールズハッカソン」。今年も、東京大学新聞社の主催で開催が決定しました。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、オンラインでの開催となります!  ハッカソンとはハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた用語です。決められた短期間でプログラムの開発やサービスの考案を行い、アイ

続きを読む

PICK UP

広い知見を専門研究に活用 総長賞受賞者が考える大学院での研究

INTERVIEW / OBOG 2020年07月05日

 学部を卒業した後、研究を深める上では、大学院への進学という選択肢がある。大学院での研究とはどのようなものなのか、進学を意識する学生はどのようなことを考えれば良いのか。東大大学院で博士課程在籍中に総長賞を受賞し、現在他大学で助教を務める2人にインタビューした。 (取材・山中亮人、渡邊大祐) 自分にできることを   医学の道を志したきっかけは  高校生の時、自分に

続きを読む

PICK UP

【法人化15年 東大の足元は今】①教育(上) 教員負担の削減とTAの活用を

COLUMN 2020年07月04日

 大学の機能の中枢を占める教育だが、東大の教育への評価は必ずしも高くない。THE世界大学ランキング日本版2019では、所属学生や高校教員からの教育への期待の実現度を示す教育充実度で東大は国内11位。世界版では教育分野13位(国内首位)を獲得したのと対照的な結果となった。何が問題とされたのか。本記事では前期教養課程に焦点を当て、現在の在り方を検証するとともに将来の教育水準向上の方途を模索する。

続きを読む

PICK UP

【法人化15年 東大の足元は今】①教育(下) 前期教養課程の課題とは?

COLUMN 2020年07月04日

 東大の現在地を足元から描き出す本連載。前編では主に現在東大の抱える課題について検証した。今回の後編では、米国型リベラルアーツ教育の伝統を持ちその教育力が高く評価されている国際基督教大学(ICU)と、教育改革に関して長年提言し、自身もかつて改革に携わった吉見俊哉教授(情報学環)の取材も踏まえ、さらなる課題の追求とともに、どうすれば学びを深化させうるのか、東大の教養教育で目指すべきものは何かについて

続きを読む

最新記事

東京大学新聞社からのお知らせ


NEWS

INTERVIEW / FEATURE

INTERVIEW / OBOG

INTERVIEW / PROFESSOR

COLUMN

EVENT

TOPに戻る