PICK UP

【キャンパスのひと】寺尾結衣(てらお・ゆい)さん (文Ⅲ・1年)

COLUMN 2020年10月01日

世界に飛び社会を学ぶ  「世界一周しよう」。高2の夏、オープンキャンパスでFLYプログラムを知り、そう思った。大学で何を勉強するか悩む中、世界を回りながら社会問題に触れたいと志すようになった。  入学後、実際に同プログラムに参加。アイスランドでボランティア団体の機関紙を作ったり、メキシコの児童養護施設で子どもたちと過ごしたり。その中で平和構築への関心から、大量虐殺が起きたル

続きを読む

PICK UP

【速報・東大総長選考】意向投票で藤井理事・副学長が過半数獲得

NEWS 2020年09月30日

 9月30日、東大総長選考について教授会構成員による意向投票が実施され、藤井輝夫理事・副学長(財務、社会連携・産学官協創担当)が第1回投票で過半数の951票を獲得した時点で終了となった。この結果を踏まえ、10月2日の総長選考会議で次期総長予定者が決まる予定。  他の候補者は、東大工学系研究科・工学部長の染谷隆夫教授と、自治医科大学学長で東大医学部附属病院元病院長の永井良三名誉教授だった。投票

続きを読む

PICK UP

【速報・東大総長選考】選考過程「透明ではない」が77.2% 本紙独自アンケート分析①

NEWS 2020年09月30日

 東京大学新聞社では9月30日の東大総長選考(以下、総長選考)意向投票に先立ち、インターネット上でアンケートを実施した。教員による投票が直前に迫る中、この記事では主に総長選考の過程に関する質問への回答結果を分析する。回答者の77.2%が総長選考の過程を「全く透明ではない」「あまり透明ではない」と評価するなど、総長選考の透明性に対する東大関係者の意見が見えてきた。 (構成・中野快紀) ※東大

続きを読む

PICK UP

【独自】「意向投票を予定通り実施」で学部長ら合意 総長選考会議の回答を受け

NEWS 2020年09月30日

 総長選考会議に要望書を提出していた15人の部局長らは9月28日、小宮山宏選考会議長らから書面と口頭で要望書に対する回答の説明を受け、予定通り30日に意向投票を行うことで合意した。部局長らと選考会議との間で持たれた議論において小宮山議長が意向投票を尊重すると表明したことを受けての措置で、部局長らは意向投票の予定通りの実施と選考プロセスのさらなる検証を行うとしている。  ある研究科で教授会構成

続きを読む

最新記事

東京大学新聞社からのお知らせ

NEWS

INTERVIEW / FEATURE

INTERVIEW / OBOG

INTERVIEW / PROFESSOR

COLUMN

EVENT


TOPに戻る