学術ニュース

ニュース

2023年12月31日

若年期のアミノ酸摂取制限に寿命延長効果の可能性

 三浦正幸教授(東大大学院薬学系研究科)らの国際共同研究グループは、ショウジョウバエを用いた実験で、若年期にメチオニンの摂取を制限することが寿命を延長する可能性があることを明らかにした。成果は12月5日付で英科学誌『Nature Communications』オンライン版に掲載された。  必須アミノ酸の一種であるメチオニンの摂取量制限には寿命延長効果があることが知られていたが、その理
1 2 3 4 5 6 14
koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit

   
           
                             
TOPに戻る