学術ニュース

ニュース

2021年11月06日

東大・岡山大 イネのケイ素吸収構造を解明

 岡山大学の菅倫寛准教授らの共同研究グループは、東大先端科学技術研究センターの斉藤圭亮准教授、石北央教授と共同で、イネのケイ酸チャネルタンパク質Lsi1の立体構造を解明した。Lsi1がイネの生育に欠かせない栄養素であるケイ酸を選択的に吸収する分子メカニズムを明らかにした。10月29日に、研究成果が英科学雑誌『Nature Communications』に掲載された。  植物は、ケイ素など14
1 2 3 4 5 6 10

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit
hidari_handle




TOPに戻る