学術ニュース

ニュース

2023年02月11日

臨時休校中の夜型生活 学校再開後の生活習慣に影響

 杉本南特任助教(東大未来ビジョン研究センター)、村上健太郎助教(東大大学院医学系研究科)、佐々木敏教授(同研究科)は、コロナ禍の臨時休校中の小中学生の起床・朝食時刻と学校再開後の起床時刻、睡眠時間、清涼飲料水の摂取量の間の関係を明らかにした。1月23日付の『Journal of Nutritional Science』で公開された。  新型コロナウイルスの流行に伴い2020年から世界各地で
1 2 3 4 5 6 7 8 9 15
koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit

   
           
                             
TOPに戻る