学術ニュース

ニュース

2020年06月22日

2種類の塩基を同時に置換できる、ゲノムの次世代編集ツール開発

 森秀人さん(慶應義塾大学大学院)、石黒宗特任研究員(東大先端研)らは2種類の塩基を同時に置換できる新たなゲノム編集技術を開発した。生物のDNA配列をより高い自由度で編集できるようになり、生物学・医学分野での幅広い応用が期待される。成果は1日付の英科学誌『ネイチャー・バイオテクノロジー』(電子版)に掲載された。  近年、細胞内ゲノムDNA中の、狙った配列を自在に編集できる細胞内ゲノム編集技術
1 2 3 4 5 6 7 8 9

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る