学術ニュース

ニュース

2020年01月19日

遺伝子発現の制御に茶カテキンが関係

 荻原洲介さん(薬学系・博士1年)らは12月23日、遺伝子発現の制御に関わる薬剤を効率的に探索する仕組みを確立し、茶カテキンによって大腸がん細胞が細胞死を起こしやすくなることを発見したと発表した。緑茶の健康効果の説明につながると期待される。  遺伝子発現は、遺伝情報からタンパク質を合成する働き。この機能は多様な因子で調節され、タンパク質や遺伝子の「メチル化」はその一つだ。近年、メチル化を行う
1 2 3 4 5 6 7 8 9
hidari_handle

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る