学術ニュース

ニュース

2021年02月24日

東大ら、液滴のオートファジー分解の新メカニズムを解明 

 ローラント・ルッツ・クノール(Knorr Lutz Roland)特任助教(東大大学院医学系研究科=研究当時)らは、細胞内の物質を分解するしくみであるオートファジーにより、溶液中で高分子が凝縮した構造である液滴が切り取られる仕組みを明らかにした。精神変質疾患などの発症メカニズムの解明が進むことが期待される。成果は1月20日(英国時間)の英科学誌『ネイチャー』(電子版)に掲載された。  オー
1 2 3 4 5 6 7 9
koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る