学術ニュース

ニュース

2018年01月20日

伊藤啓准教授らが新型点字ブロックを開発 視認性と景観を両立 車輪の通過も容易に

 伊藤啓准教授(分子細胞生物学研究所)らは12月22日、視認性・景観との調和・車輪の通過しやすさが並立した点字ブロックを開発したと発表した。今春より実際に発売される。  点字ブロックは弱視者のために濃い黄色が望ましいとされる。しかし建築家らが景観を重視し、景観と調和しにくい濃い黄色を避ける結果、舗装の色と近く視認性の低いブロックが設置されることが増えていた。  今回は建
1 4 5 6 7 8 9

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る