LATEST NEWS 2020年6月5日

アビガンの基本骨格 従来より高効率に合成

 小林修教授(東大大学院理学系研究科)らは5月20日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬として注目されるファビピラビル(商品名アビガン)の基本骨格「3-ヒドロキシ-2-ピラジンカルボキサミド」の高効率な合成法を開発したことを発表した。すぐにも現行の製造法に適用できると考えられ、現在東大から特許を出願中。

 

 ファビピラビルは、元々新型インフルエンザの抗ウイルス薬として開発されたが、COVID-19に対する効果が報告され、治療薬の候補として注目されている。現在は治験を進めて効果を実証するためにも、増産体制の整備が進んでいる。一方、ファビピラビルの基本骨格である3-ヒドロキシ-2-ピラジンカルボキサミドを既存の方法で合成すると廃棄物が生じることが問題となっていた。廃棄物は基本骨格の生産量100キログラムにつき約130キログラム生じ、環境汚染を引き起こす可能性があり処理に手間と費用がかかるため、製品のコストを引き上げている。

 

 小林教授らは、3-ヒドロキシ-2-ピラジンカルボキサミドの縮合反応に有効に機能する新触媒を開発した。反応は水中で行われ、新触媒は水中でも分解せずに安定して効率良く働き、目的の生成物を取り出すことができる。この方法は廃棄物をほぼゼロにできる上、反応終了後に生成物を取り出せばほぼ純粋な水のみが残る、クリーンで効率的な製造法となることが示された。

 

 今回の改良法の他、小林教授らはファビピラビル合成原料の製造工程の改良などにも着手している。1回ごとに合成を行う現行のバッチ法より効率の良い、連続的に生成物を取り出すことができる連続フロー製造法の開発にも取り組み、製造工程そのものの効率化も目指す。


この記事は2020年6月2日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:新型コロナ感染拡大下の進学選択(下) 「情報量格差埋める働き掛けを」
ニュース:東大基金 家計急変学生ら支援への募金を呼び掛け
ニュース:政府主導給付金、5月末に受け付け開始
ニュース:総長選考、日程を変更 就任予定者決定は変わらず
ニュース:東大IPC ベンチャー企業支援の新ファンドを設立
ニュース:夏の大学院入試 新型コロナ対応分かれる研究科 工・情報理工は試験オンライン化
ニュース:ハイパーカミオカンデ 実験開始目指し覚書締結
ニュース:理・物理学専攻 大手化学メーカーと包括連携 給付型研究奨学金も創設
ニュース:アビガンの基本骨格 従来より高効率に合成
企画:障壁多く見送りも導入可能性残す 濱田前総長時代の東大秋入学構想を振り返る
企画:心身の負荷を発散する工夫を 新型コロナウイルスと心身の健康
企画:外国語学習で人生豊かに
はじめての論文:入江直樹准教授(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻)
キャンパスのひと:早川健太さん(理Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年03月20日

【キャンパスのひと】吉野知明(よしの・ともあき)さん(農・3年)

COLUMN 2019年08月14日

【著者に聞く】リノベーション建築の旅はいかが? 専門家が語る新旧融合の魅力

EVENT 2020年07月18日

今だからこそ、人とのつながりを オンラインでも広がる交流「Zoomでしゃべランチ」

EVENT 2015年07月11日

【セミナー7/13(月)】有人潜水調査船「しんかい6500」に搭乗した海洋研究開発機構の高井研氏

COLUMN 2019年11月18日

【細胞農業連載】③日本におけるさまざまな取り組み

TOPに戻る