LATEST NEWS 2020年6月7日

総長選考、日程を変更 就任予定者決定は変わらず

 東大は5月20日、本年度実施される総長選考の日程を変更すると発表した。新型コロナウイルス感染症の流行状況を考慮した判断。就任予定者が決まるのは当初示された10月2日のまま変更されていない。

 

 今回日程が変更されたのは、教授会構成員らから成る代議員会、学内外の委員から成る経営協議会による第1次総長候補者の推薦決定日。それぞれ6月9日から7月7日、6月24日から7月22日に日程が変更となった。

 

 代議員会の投票によって10人以内、経営協議会の推薦によって2人程度の候補者を選出。小宮山宏・元総長を議長とする総長選考会議の調査や議論を経て、3〜5人程度の第2次候補者が決定され、9月8日に氏名が告示される。

 

【関連記事】

【速報・東大総長選考】議論の透明性に「待った」 総合文化・田中教授ら小宮山選考会議長に質問状


この記事は2020年6月2日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:新型コロナ感染拡大下の進学選択(下) 「情報量格差埋める働き掛けを」
ニュース:東大基金 家計急変学生ら支援への募金を呼び掛け
ニュース:政府主導給付金、5月末に受け付け開始
ニュース:総長選考、日程を変更 就任予定者決定は変わらず
ニュース:東大IPC ベンチャー企業支援の新ファンドを設立
ニュース:夏の大学院入試 新型コロナ対応分かれる研究科 工・情報理工は試験オンライン化
ニュース:ハイパーカミオカンデ 実験開始目指し覚書締結
ニュース:理・物理学専攻 大手化学メーカーと包括連携 給付型研究奨学金も創設
ニュース:アビガンの基本骨格 従来より高効率に合成
企画:障壁多く見送りも導入可能性残す 濱田前総長時代の東大秋入学構想を振り返る
企画:心身の負荷を発散する工夫を 新型コロナウイルスと心身の健康
企画:外国語学習で人生豊かに
はじめての論文:入江直樹准教授(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻)
キャンパスのひと:早川健太さん(理Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2020年04月22日

オープンキャンパス・五月祭も通常開催断念

NEWS 2020年04月22日

オンライン授業開始 相次ぐトラブルに対策は?

SPORTS 2020年07月19日

ラクロス・アメフト リーグ戦秋以降に開幕目指す

NEWS 2020年07月02日

東大ICEPP 新型コロナ解析に参加 ウイルスのタンパク質解析に貢献

NEWS 2020年05月06日

始まらない「大学生活」 帰省する・しない 分かれる学生の対応

TOPに戻る