LATEST NEWS 2020年9月24日

医学系 統合失調症の原因解明に進展

 長濱健一郎博士研究員(東大医学系研究科=当時)、狩野方伸教授(東大医学系研究科)らの研究グループは、SETD1Aと呼ばれる遺伝子の異常が統合失調症発症の一因である可能性を裏付け得る発見をした。統合失調症の病態解明や治療戦略開発への貢献が期待される。成果は9月15日付の米科学誌『Cell Reports』電子版に掲載された。

 

 研究グループは今回、統合失調症患者によく見られる遺伝子変異をゲノム編集技術で再現したマウスを作製。統合失調症の幅広い症状がマウスで再現されることを確認した。Setd1a遺伝子の発現低下により思考や創造性を担う大脳前頭前野で、興奮性のシナプス伝達が低下し、統合失調症の症状でもある社会性行動の異常がマウスに起きることも確認したという。

 

 今回の研究で、一部の細胞におけるSETD1Aの発現低下が社会性障害に関与することが明らかになった。今後は遺伝子変異マウスを利用して個々の行動学的異常のメカニズムを解明することによって、従来困難だった統合失調症の病態解明や治療法開発が期待される。

 

 統合失調症についてはこれまで、健常者の親から生まれた統合失調症患者に生じる、親が持たない新たな遺伝子変異が発症確率を上げると考えられてきた。しかし、遺伝子変異と発症のつながりの全貌は解明されてこなかった。


この記事は2020年9月22日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

ニュース:留学生の就活、どう対策する? 「日本で学び、日本で就職」を考える
ニュース:新第2体育館がお披露目 駒場Ⅰキャンパス 五神総長ら出席
ニュース:銀杏・メトロ食堂、駒場Ⅱ食堂 3月末まで休業
ニュース:総長メッセージ 大学債を活用し自立した経営に意欲
ニュース:医学系 統合失調症の原因解明に進展
企画:オンライン授業、課外活動制限…… 学生の現状が心に与える影響とは
企画:「大変そう」で終わらないで 留学で見えた香港の現実
東大CINEMA:『新聞記者』
研究室散歩:@統計物理学 島田尚准教授(東大工学系研究科)
キャンパスのひと:江口航志さん(理Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2020年10月04日

銀杏・メトロ食堂、駒場Ⅱ食堂 3月末まで休業

NEWS 2019年12月02日

生物医学的知識が精神疾患の差別や偏見なくす 教育プログラム開発へ応用

NEWS 2020年05月14日

日本学士院賞 東大関係者5人が選出 エジンバラ公賞は北名誉教授

NEWS 2019年08月14日

「若手研究者・学生への支援を充実」 目白台インターナショナルビレッジ

INTERVIEW / PROFESSOR 2020年05月04日

「積極的探究で独自の経験を」京大から東大へ、植物学者・川北篤教授インタビュー

TOPに戻る