LATEST NEWS 2020年7月2日

新型コロナ感染モデルにハムスターが有用 研究の大幅進展に期待かかる

 河岡義裕教授(東大医科学研究所)は22日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染モデル動物としてハムスターが有用であることを発表した。今後はハムスターを感染モデルとして利用することで、COVID-19の病態解明と治療法や予防法の開発が大きく進展することが期待される。

 

 COVID-19は世界的に流行が続き、社会に大きな影響を及ぼしているが、ウイルスの基本的な性質はほとんど明らかにされておらず、効果的な治療法や予防法も確立されていない。COVID-19の仕組みを理解し、ワクチンや抗ウイルス剤を開発するためには感染したヒトの症状を再現できる有用な動物モデルの確立が求められている。

 

 河岡教授らの研究グループはCOVID-19の患者から分離した新型コロナウイルスをハムスターの鼻腔内に接種。ウイルスが肺炎などの症状を引き起こすかを調べた。非感染ハムスターとの体重変化の比較や肺の解析の結果、新型コロナウイルスに感染したハムスターはCOVID-19患者のヒトと似た病態を示すことが判明した。

 

 初感染から20日たった回復後のハムスターにウイルスを再感染させた後に呼吸器からウイルスが検出されなかったことから(図)、感染により抗体が産生されれば、ウイルスが体内に入っても感染、発症しないことも明らかに。これはワクチン接種で感染時と同様の免疫応答を誘導できればウイルスの増殖や発症を抑制できる可能性が高いことを示している。加えて回復後のハムスターの血清を感染後数日のハムスターに投与したところ、呼吸器におけるウイルス増殖が顕著に抑制されることも分かった。これは回復期の血清に含まれる抗体がヒト患者の治療に有効であることを示唆している。

 

初感染から回復したハムスターの鼻腔に再度ウイルスを接種。再感染から4日後の呼吸器におけるウイルス量を接種したところ、全く検出されなかった。 東大発表の資料より。

この記事は2020年6月30日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:コロナで止まる国際交流 今後の対応の見通しは
ニュース:甘味の好みを決定する遺伝子領域発見
ニュース:前期教養課程、一部で対面試験を検討
ニュース:総合図書館 9月に3週間程度臨時閉館
ニュース:新型コロナ感染モデルにハムスターが有用 研究の大幅進展に期待かかる
ニュース:新型コロナ 企業内の実施対策数が仕事の能率に影響か
ニュース:情報理工 ポスト・コロナ社会に向けて提言 「もとのシステムに戻さない!」
企画:おうち時間に音楽はいかが? 音楽サークルによる曲紹介
WHO,ROBOT:第4回 新しい身体が広げる可能性 テレイグジスタンスって?
教員の振り返る東大生活:伊藤徳也教授(東京大学大学院総合文化研究科)
サーギル博士と歩く東大キャンパス:番外編
東大CINEMA:『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
キャンパスのひと:林悠游さん(理Ⅱ・2年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2020年03月30日

「失政を修正していく責任が自分たちにある」井上達夫教授 退職記念インタビュー【前編】

NEWS 2020年04月07日

2019年度卓越研究員 公募型で8人を選出

NEWS 2019年10月23日

量子もつれ「2次元クラスター状態」を初生成 量子コンピューター大規模化へ

COLUMN 2018年07月23日

東大における女性研究者の現状(前編) 働きにくい職場 変革は必須

NEWS 2014年12月05日

博士人材がより活躍できる仕組みを:五神新総長質疑応答

TOPに戻る