SPORTS 2017年4月17日

【部員が見る軟式野球③】東大軟式野球部が2016年秋季リーグ優勝校・早大に快勝  

軟式野球部春季リーグ戦第3戦vs早稲田大学(4月7日)

 

早大 0 0 0 0 1 2 0 0 0 | 3
東大 0 1 3 6 0 0 0 0 0 | 10

 

 先の秋季リーグの優勝校である早稲田大学との一戦。全国大会出場に向けて連勝したい東大は、前の試合で勝利を挙げた西野(文Ⅲ・2年)を先発に送り出す。2回の裏、安場(工・4年)の打球が野手のエラーを誘い、ランナーの西野の好走塁で1点を先制する。その後も打線が繋がり、好調の勝田(経・3年)が本塁打を放つなど、4回までに10得点を挙げる。先発の西野は、安定感のある投球で5回を1失点にまとめる。その後も継投によって早稲田打線の攻撃を凌ぎ、10対3で東大が快勝した。

 

試合を決定づける本塁打を放った勝田選手(写真は軟式野球部提供)

 

全国大会出場を目指し、勢いに乗って次の試合からも白星を重ねたい。

 

軟式野球部 米田孔(理Ⅱ・2年)


【部員が見る軟式野球】

慶大に1―3 春季リーグは黒星スタート

東大軟式野球部、明大に1―0で今季初白星

東大が接戦の末、明大に勝利 リーグ2位に上昇

リーグ2位の東大は延長の末、慶大と引き分け

東大、ここまで全勝の法大に5点差からの逆転勝利

東大が延長の末、早大に痛いサヨナラ負け

東大、後一本が出ず法大に敗退 リーグ優勝を逃す

エース西野投手の好投で立大を下し、東大はリーグ準優勝

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年02月24日

データで読み解く東大のドラフト候補・宮台の現在地

COLUMN 2016年10月08日

【2016年9月アクセスランキング】1位は進学選択 七大戦、秋のスポーツにも注目

COLUMN 2014年05月10日

なぜ東大水泳部主将は「先回り思考」を重視するのか。

SPORTS 2018年05月13日

硬式野球 法大に2戦連続2桁失点で敗北 岡選手はリーグ戦初本塁打

NEWS 2016年06月10日

東大から12年ぶりベストナイン 硬式野球部・桐生選手「まさか自分が取れるとは」

TOPに戻る