LATEST NEWS 2020年8月7日

三井不動産と協定締結 新たな都市の在り方追求

 東大と三井不動産は7月27日、産学協創協定を締結し、共同研究「三井不動産東大ラボ」を開始したと発表した。今後は実践的研究を通じて都市の将来像や解決すべき課題を明確化し、都市の新たな価値創造の方法を探る。

 

 両者は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などの影響で社会が転換期を迎えたことに伴い、都市の在り方を再考すべき時期が来たと判断。COVID-19収束後の社会も見据えつつ、多角的なアプローチで都市の新たな価値を明確化し、その価値を創造するための方法論も追求する。共同研究のビジョンには、三井不動産の街づくりの理念であり、時間の経過とともに街の成熟度と価値が高まっていくという意味の「経年優化」を掲げた。

 

 研究では経年優化のビジョンを都市空間の構成要素から分析し、その実現手法を構築。科学技術が都市に与え得る影響とCOVID-19収束後の社会の姿を考慮した新たな都市の在り方を提言する。加えて多様性を尊重する社会の実現に向け、科学技術とデータを活用し、モノではなくサービスとしての不動産の提供や、法整備のための提言を行う。さらに経年優化するスマートシティーの実現に向けた研究と、人材育成の場の創出にも取り組む。


この記事は2020年8月4日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:苦しみから新たな表現生み出す 作詞作曲家の小椋佳さんインタビュー
ニュース:課外活動施設は7/29から解禁 本郷地区キャンパス 駒場は6日から
ニュース:RNAが多様に分化 生命誕生の謎解く鍵に
ニュース:三井不動産と協定締結 新たな都市の在り方追求
企画:J-POPはどう変わったか 現代の社会と音楽を読み解く
企画:この音楽、共同制作者はAIです 音楽制作におけるAIと人間
企画:海外の流行吸収し根付く 音楽ビジネスから見るJ-POPと日本社会
取材こぼれ話
サークルペロリ:ビルボード研究会
キャンパスのひと:臼井幹博(法念)さん(文Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2020年08月07日

本郷地区キャンパス 課外活動施設は7/29から解禁 駒場は6日から

NEWS 2020年08月21日

弱みは雑談のみ? オンライン授業の改善策は【検証:東大のオンライン授業③】

NEWS 2020年08月12日

第93回五月祭、全面オンライン化 9月20、21日に開催予定

EVENT 2020年09月19日

【発表の場を守る決意が原動力】五月祭 史上初のオンライン開催の舞台裏

COLUMN 2020年08月05日

どうなる? 来年の東大入試 過度な配慮には慎重論も

TOPに戻る