SPORTS 2019年5月20日

【部員が見る東大軟式野球2019春⑩】最終戦、投打かみ合い6-2で快勝 リーグ準優勝に終わる

軟式野球部春季リーグ第10戦vs早稲田大学(5月8日)

 

東大 0 3 0 0 0 2 1 0 0 | 6

早大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 | 2

 

 応援団の声援を背に、悲願のリーグ優勝の可能性を残して迎えた第10戦、相手は前回対戦で痛い完封負けを喫した早稲田大学。優勝するためには勝つしかない東大は、先発のマウンドに鉄腕エース西野(育・4年)を送り込む。

 

 試合は序盤から動いた。二回、東大は1死からの連続四球と重盗でランナー二塁三塁のチャンスを作ると、七番青木(法・3年)の内野ゴロの間に一気に二塁ランナーまで生還。2点を先制した。その後も勢いを緩めることはなく、四球の後に静間(育・3年)、川﨑(経・4年)の連続安打でもう1点を加点。二回に一挙3点を奪い、試合の主導権を握った。

 

この日も安打を放ち、プレーでチームを引っ張った川﨑(経・4年)(写真は軟式野球部)

 

 次に試合が動いたのは六回。先頭の川野輪(理Ⅰ・2年)が四球で出塁すると、続く村田(理Ⅰ・2年)の犠打の処理で相手がミス。無死一、三塁のチャンスとなる。ここで、犠打で1死後に西野のスクイズと相手投手の暴投でさらに2点を追加した。これで勝利は決したかと思われたが、その裏、安打と失策で2死一、三塁のピンチを招くと、相手四番に右前適時打を許す。その後も流れを断ち切ることはできず連続四死球でまさかの押し出し。2点を失い流れが相手に行きかけたが、ここで続くバッターの痛烈な打球を二塁手静間が横っ飛びで好捕。流れを渡さなかった。

 

この日も好投を見せ、今季6勝目、大学通算23勝目を挙げた西野(育・4年)(写真は軟式野球部提供)

 

 すると勢いそのままに、七回にも東大は得点に成功する。先頭の川﨑が死球で出塁すると保知(経・3年)の安打でチャンスを作り、川野輪の適時打によってもう1点を追加、だめ押し点を奪った。すると西野は気迫の投球を見せ終盤三回を無失点で切り抜けた。エース西野は、六回以外は盤石の投球を披露して九回を2失点完投。有終の美を飾った。得点力不足に悩まされた今リーグであったが、最終戦は投打がかみ合い、東大は6対2で勝利した。

 

 これで4年生の3人は引退となる。数は少ないながらそれぞれがそれぞれの方法でチームを引っ張っていった姿は素晴らしかった。彼らに多大なる感謝を示すとともに、今後のリーグ戦も全力で勝利を追い求めていきたい。

 

声と姿勢でチームを熱く牽引した松浦(写真中央、背番号32)(経・4年)(写真は軟式野球部提供)

文責:軟式野球部 川野輪壮太(理Ⅰ・2年)

 

【部員が見る東大軟式野球2019春】

開幕戦、西野投手の好投で慶應大に粘り勝ち

チャンス生かせず明治大に惜敗

西野投手の好投で法政大下し序盤戦勝ち越す

エース好投も慶應大にサヨナラ負け喫す

投打噛み合い立教大に勝利 今リーグ3度目の完封勝ち

好機生かせず法政大に1-1で引き分ける

早稲田大に1-0で惜敗 今季初の完封負け

打線つながり立教大に6-1で快勝

延長12回、明治大にサヨナラ勝ち

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年07月13日

【部員が見る軟式野球⑰】法大に逆転を許し、雪辱果たせず

SPORTS 2015年08月29日

東大ラクロス男子 昨年度学生日本一の慶大に勝利 開幕戦を制す

COLUMN 2017年11月20日

東大硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 秋季リーグ戦をデータ面から振り返る

COLUMN 2016年08月07日

【東大洋弓部寄稿】リオ五輪「アーチェリー」の見どころ

SPORTS 2016年05月21日

硬式野球部、宮台投手の粘投で法大に勝利 12年ぶりのシーズン3勝目

TOPに戻る