「就活」の記事一覧

インタビュー

2024年03月01日

世の中の本質へ迫る「長文」での報道こそが雑誌の真髄 【文藝春秋編集長 鈴木康介さんインタビュー】

 月刊誌『文藝春秋』編集長の鈴木康介さんは、95年に東大教養学部を卒業後、文藝春秋で雑誌記者と してさまざまな事件記事に携わってきた。約30年間雑誌メディアで働き、ウェブメディアの台頭など情報環境の激変を体感する中で、雑誌特有の長文での報道にこそ意義があると気付いたという。雑誌記者の仕事のリアルや就職活動での経験、雑誌メディア特有の魅力に迫る(写真後方は文藝春
1 2 3 4 5 6 10
koushi-thumb-300xauto-242

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit

   
           
                             
TOPに戻る