COLUMN 2019年11月29日

Campus Guy 伊東敦紀(いとう・あつき)さん(文Ⅰ・1年)

 

言葉の巧みな表現者

 

 英語ディベート部に所属し、週3日の活動に力を注ぐ。資料を用いずに15分で論を立てる即興型に取り組むため、幅広い知識が必須だ。「授業中に学ぶことも全てディベートに通じます」

 

 原点となるのは高1から高2にかけて行った9カ月間のアメリカ留学。最初は言葉が分からず疎外感も覚えたが「自分から動かないと何も変わらないと気付き、合唱団などに積極的に参加しました」。その結果、英語に自信が持てるように。

 

 帰国してから友人に英語ディベートに誘われ、その魅力にはまった。「ロジックによって相手の考えを変えることができる世界で、言葉の強さを実感させられます」

 

 将来は言語学の道を志す。「言語がどのように形成され、人に理解されるのか知りたくて」と語る口調は熱い。言葉を巧みに操るその頭脳と真摯な姿勢なら、言語の真理にきっと近づけるはず。


この記事は2019年11月19日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:東大の足元は今①教育編(上) 東大の教育力 教員負担の削減とTAの活用を
ニュース:出願要件化は困難か 英語民間試験利用 入試監理委で対応協議
ニュース:推薦入試出願者数 過去最低タイの173人に
ニュース:ラクロス男子 2年連続で準優勝 またも早大に完敗
ニュース:アメフト中大戦 好機逃し敗戦 最終戦で初勝利目指す
ニュース:囚人のジレンマで搾取の仕組み解明
ニュース:仁科記念賞に岩佐教授 東大からは2年ぶり
ニュース:硬式野球部 新監督にOB井手さん 中日でもプレー
企画:論説空間 問われ直す存在意義 図書館の過去と未来 河村俊太郎准教授(教育学研究科)
企画:味わい深いひとときを コーヒーの楽しみ方
推薦の素顔:村本剛毅さん(理Ⅰ・1年→工)
サークルペロリ:東京大学運動会ソフトボール部
100行で名著:『鉄道が創りあげた世界都市・東京』矢島隆・家田仁編著
東大で昆活!:秋のコオロギ特集
キャンパスガイ:伊東敦紀さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年11月28日

【東大PEAKに迫る①】PEAK生が語る、制度の利点・欠点とは?

COLUMN 2019年11月21日

【駒場祭2019ミス&ミスター東大コンテスト】⑤木瀬哲弥(きせ・てつや)さん(工・4年)

NEWS 2016年07月18日

予定調和を崩すには? 交流会に東大生・卒業生400人が参加

INTERVIEW / OBOG 2018年11月15日

好奇心をクイズに生かす 元準ミス・三浦奈保子さんにインタビュー

COLUMN 2020年03月31日

【新入生に読んでもらいたい記事選】東大の抱える「ジェンダー」問題を映し出せ

TOPに戻る