SPORTS 2015年10月5日

東大硬式野球 慶大に連敗で1勝6敗に

硬式野球部(東京六大学野球)は4日、慶應義塾大学との2回戦を戦い3-9で敗れた。東大は初回に先制するもその裏に満塁本塁打などで5点を失い、その後も慶大打線の猛攻を防げなかった。東大は慶大に2連敗し、7試合を終えた時点で1勝6敗の勝ち点0となっている。

 

東大|100200000|3

慶大|51010002X|9

 

東大は初回、2失策と四球で無死満塁の好機を作るも、得点は押し出し四球の1点にとどまる。その裏、先発の山本俊投手(工・3年)が3日終了時点で今季4本塁打の谷田成吾選手に満塁本塁打を浴び、この回5失点と逆転される。東大は満塁機を4度演出するも、要所で安打が出ず計3得点。投手陣がチーム打率2割8分を超す慶大打線に3本塁打を含む12安打9得点を許し、完敗した。

 

(文・竹内暉英)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年10月07日

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

INTERVIEW / OBOG 2017年07月03日

「法外」を恐れるな 社会学者・宮台真司教授インタビュー

SPORTS 2016年09月11日

アメフト 宮山選手の「東大初」の活躍光り43―11で初戦白星

COLUMN 2016年08月03日

【東大ア式蹴球部寄稿】リオ五輪「サッカー」の見どころ

COLUMN 2018年01月22日

激しさとスピード感を兼ね備えた平昌五輪「アイスホッケー」の見どころ

TOPに戻る