LATEST NEWS 2016年2月10日

東大初の推薦入試、77人が合格

 東大で初の実施となった2016年度推薦入試の最終合格者が10日正午ごろ、東大のウェブサイトで発表され、全学部・学科合計で77人が合格した。推薦入試では約100人を募集していたが、合格者数は募集人員の約8割にとどまった。同時に大学入試センター試験の結果に基づく前期日程試験の第1段階選抜結果も発表され、文Ⅰ・文Ⅱ・理Ⅱの3科類で第1段階選抜が実施されなかった。複数科類で第1段階選抜がないのは、理Ⅰ・理Ⅱで行われなかった91年度入試以来で、文Ⅱで第1段階選抜が行われないのはセンター試験が導入された90年度入試以来初めて。

2016推薦入試

 

 

 法学部・理学部以外の学部・学科では、合格者数が募集人員に届かなかった。合格者数が募集人員に満たなかった学部・学科は、原則としてその不足数を対応する科類の前期日程試験の募集人員に繰り入れる。

 

 推薦入試は、学部生の多様化を目指して16年度入試から始まった制度。11月から出願受け付けを開始し、書類による第1次選考を全学部・学科合計で173人中149人が通過していた。12月19、20日に面接などの第2次選考を実施し、センター試験の結果も踏まえて最終合格者が決定した。

 

【続報】東大初の推薦入試 記者会見で「手応え感じた」

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年01月26日

【受験生応援2020】東大教授が語る2次試験の意味 「知識ではなく考える力を試す」

COLUMN 2019年02月20日

【受験生応援2019】2次試験会場の注意点 〜文系編〜

INTERVIEW / PROFESSOR 2014年10月17日

東大に行くには受験と関係ない本を読め 小林康夫先生退職記念インタビュー(後編)

COLUMN 2017年02月18日

【東大受験生応援連載】2次試験会場、ここに気を付けよう!~文系受験生編~

COLUMN 2020年06月07日

【はじめての東大新聞】〜地方からの東大進学を考える〜⑤逆境を克服して東大合格を手に入れた方法とは?

TOPに戻る