LATEST NEWS 2019年9月6日

飢餓を学習・回避する機構発見

 ジャン・ムンソン特任研究員(理学系研究科)らは飢餓時に経験した味を忌避する学習に関わる感覚神経を見つけ、その機能を明らかにした。動物の学習と適応の基本的な仕組みが明らかになり、複雑な学習への応用が期待される。成果は8月27日付の米科学誌『米国科学アカデミー紀要』(電子版)へ掲載された。

 

 動物は飢餓を避けるため、飢餓時の環境条件を神経細胞で記憶し、同様の環境を回避するよう行動を変える。しかし、環境条件の感知から行動の変化までには複雑な情報処理が必要で、不明な点も多かった。

 

 ジャン特任研究員らは、塩濃度に応じて線虫に与える餌の量を調整し、餌の有無と塩の関係を学習させた。その後線虫を塩濃度勾配上で自由に動かせると、餌があった塩濃度には近寄り、餌がなく飢餓状態に陥った塩濃度を回避した。

 

飢餓経験と同時に感知した塩濃度を忌避する仕組み

 

 飢餓を経験した塩濃度を回避する線虫の行動には、餌があった塩濃度に向かわせる感覚神経ASERに加え、ASGという感覚神経の協力が必要なことが判明。飢餓後にASERを活動させると餌が豊富だった際の行動が誘導されたが、加えてASGを働かせると行動は抑制され、両神経が協調し線虫の進行方向を制御していると示唆された。


この記事は9月3日発行号からの転載です。本紙では他にもオリジナル記事を公開しています。

ニュース:知と人材の集積を生かす Society5.0実現に向けた東大の取り組み
ニュース:3点差逆転し辛勝 ラクロス男子武蔵大戦 守備の連携は修正途上
ニュース:勘と経験に頼らず選別 単結晶試料構造解析 高精度に事前評価
ニュース:細胞内へのリン脂質輸送機構解明 ニュース:飢餓を学習・回避する機構発見
ニュース:東大と日本IBM 文理融合の共同研究設立
企画:総合図書館が残す「歴史」とは 『サーギル博士と歩く東大キャンパス』拡大版
企画:昆虫食を始めよう 記者が実食、レシピも紹介
火ようミュージアム:奈良大和四寺のみほとけ
サークルペロリ:東京大学運動会相撲部
キャンパスガイ:武田直樹さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年11月27日

【東大2018⑤】集合知を支え得る歴史像を 加藤陽子教授に聞く歴史学の面白さ

COLUMN 2020年07月30日

【WHO,ROBOT⑤】遠隔化の波は診療を超えて手術まで~ロボット工学と医学の融合~

NEWS 2020年01月20日

流体中の微小粒子を安価簡便に自動測定

NEWS 2016年11月23日

2016年秋の紫綬褒章 工学系研究科の3教授が受章

NEWS 2019年12月04日

東芝研究開発センター・水島公一さんに東京大学総長特別表彰

TOPに戻る