LATEST NEWS 2020年2月12日

マグノンを単一レベルで検出する技術を開発 量子的な実験研究の加速へ期待

 ダニー ラチャンス クイリオン外国人特別研究員(日本学術振興会=研究当時)、中村泰信教授(先端科学技術研究センター)らは、マグノンと呼ばれるエネルギー量子1個を単一レベルで検出する技術を開発した。成果は1月24日付の米科学誌『サイエンス』(電子版)に掲載された。

 

 鉄などの磁性体中では、電子の小さな磁石としての性質「スピン」の向きが揺らいでいる。この揺らぎは1個、2個と数えられるなど粒子と似た性質を持ち、マグノンと呼ばれる。従来は、膨大な数のマグノンを塊として検知することはできたが、マグノンを1個ずつ検知するだけの感度は実現できていなかった。

 

 今回の開発では量子コンピューターの基本素子「超伝導量子ビット」を使用。超伝導量子ビットとマグノンの間に強固な相互関係「量子もつれ」を生成させることで、単一マグノンの検出に成功した。開発された量子センサーは、約70%の高効率でマグノンを検出できる。今後の量子的な実験研究の加速とともに、宇宙のダークマター候補の未発見素粒子検出などへの応用も期待される。


この記事は2020年2月4日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

インタビュー:岩手の復興と共に走る 「ふるさとに貢献したい」三陸鉄道社長の思い 中村一郎さん
ニュース:オリ委員会 女子学生入会制限サークルを規制
ニュース:就職内定状況調査 国公立大では過去最高の89・7%
ニュース:JAL・香港大と連携協定 東文研 人材育成や社会課題解決へ
ニュース:単一マグノン検出技術を開発
企画:早急な実態把握と対策を 「就活セクハラ」から学生を守れ
企画:紙上OB・OG訪問 東大出身者に聞く
企画:東大卒子育て世代の活躍を 『先を恐れず夢を抱け』
企画:東大の多様性担保に貢献 東大卒が地方公立高の可能性を高める
地域の顔 本郷編:本郷消防団第三分団:
キャンパスのひと:江田和音さん(文Ⅲ・2年)
広告:東大出身の社員に聞く 大学での学び、どう生かしますか?
広告:パソコンの中にロボット? RPA大手UiPathが目指す未来とは

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2017年07月01日

「世界が広がる場所」 TEDxUTokyoを7月16日に安田講堂で開催

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年06月11日

西成活裕教授インタビュー 渋滞学・無駄学の第一人者に聞く 流れを見渡す重要性

NEWS 2020年02月19日

先端科学技術研究センターにて物流3社が講義開始へ 「高度物流人材」育成目指す

NEWS 2020年02月19日

生殖細胞のゲノムを守る「piRNA」産生を試験管内で再現

NEWS 2014年07月23日

学術論文に軽減税率を 国立大学図書館協会が要請

TOPに戻る