SPORTS 2016年8月27日

【七大戦】水球2日目、決勝で九大破り東大が2連覇

 水泳部水球陣は8月21日、全日本七大学総合体育大会(七大戦)の2日目を埼玉県・青木町公園プールで戦い、1位決定戦で九州大学を9―7で破って2連覇を達成した。総当たり戦で東大は同日、名古屋大学を破って全勝とし、1位決定戦への進出を決めていた。得点王には東大の山田直人選手が輝いた。

 

参考記事→ 【七大戦】水球1日目、攻守ともに好調で4戦全勝 2連覇狙う

 

VS名古屋大学 テンポ良くパスつなぎ、得点重ねる

 

東大|44|8
名大|12|3

 

ブロックで相手ボールを奪う池亀雅人選手(撮影・太田聡一郎)
ブロックで相手ボールを奪う池亀雅人選手(撮影・太田聡一郎)

 

 総当たり戦最後の相手となる名大。第1ピリオド開始後30秒もたたずに先制すると、続けて2点を奪う。その後は互いに点を取り合い、4―1で第1ピリオドを終えた。

 

 第2ピリオドでも東大はテンポ良くパスをつなぎ、連続して4点を奪う。その後相手の勢いあるシュートで2点を返されたが、リードを守り8―3で勝利した。東大は総当たり戦を全勝で終え、暫定1位となる。

 

九州大学と1位決定戦 一進一退の激戦制する

 

東大|2133|9

九大|2113|7

 

決勝を前にチーム全員で円陣を組む(撮影・太田聡一郎)
決勝を前にチーム全員で円陣を組む(撮影・太田聡一郎)

 

 1位決定戦は総当たり戦2位の九大と、4ピリオド制で争われた。第1・2ピリオドはどちらも九大が得点し、東大が取り返すという一進一退の展開となった。特に第2ピリオドは九大に一方的に攻められるなど苦戦を強いられたが、ゴールキーパーの宮内悠太選手の好セーブで同点にとどめる。

 

相手の鋭いシュートを止める宮内悠太選手(撮影・太田聡一郎)
相手の鋭いシュートを止める宮内悠太選手(撮影・太田聡一郎)

 

 試合が動いたのは第3ピリオド。守備の隙をついて東大が続けて2点を取りリードする。6―4とリードを保ったまま第4ピリオドを迎えると、互いに点を取り合う展開となる。後半九大が2点を連続して返すなど追い上げを見せたが東大はリードを守り切って9―7で勝利、七大戦の2連覇を達成した。

 

 

 試合後、主将・池亀雅人選手は「総当たり戦では差を付けて勝てた九大に苦戦してしまったが、仲間と声を掛け合って戦えた」と1位決定戦を振り返った。「1年間しんどかった努力が報われ、嬉しい」と優勝の喜びをかみしめた。

 

(文・太田聡一郎)

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2017年10月08日

硬式野球 法大に連勝で15年ぶり勝ち点 前半の大量得点を救援の宮台投手が守り切る

SPORTS 2016年12月28日

【東大2016総決算⑤:七大戦】歴代最高得点で優勝

COLUMN 2014年05月10日

なぜ東大水泳部主将は「先回り思考」を重視するのか。

SPORTS 2015年10月12日

東大ラクロス男子 成蹊大破り予選リーグ全勝で決勝トーナメント進出

SPORTS 2017年04月15日

【東京六大学野球・速報】東大―慶大 1回戦

TOPに戻る