LATEST NEWS 2017年4月6日

2016年度東京大学総長賞、9人と2団体が受賞 大賞は院生2人

集合写真を撮る受賞者たち

 

 学業や課外活動で顕著な業績を挙げた東大生を表彰する「東京大学総長賞」の2016年度授与式が3月22日に開催され、総長大賞を2人、総長賞を9人と2団体が受賞した。47件の推薦から総長大賞に選ばれたのは福本塁さん(工学系・博士3年=受賞時、以下同様)と村田優樹さん(人文社会系・修士1年)。総長賞には、全国七大学総合体育大会を主管校として運営し優勝を遂げた運動会総務部などが選ばれた。

 

 授与式では五神真総長が「本学学生の各領域でのハイレベルな活動は誇らしい。周囲に好影響を与えて輪を広げてほしい」と激励した。あいさつ後は、受賞者が自身の業績をプレゼンテーションで発表した。

 

 福本さんは防災に関する体験談などを楽しく共有できる「防災トランプ」を開発。世代を超えて防災を楽しく考える場を作るとともに、地域の絆を結ぶ防災街づくり活動が評価された。授与式では「体験談や考えの共有を通じて人々とつながり、地域環境に応じた防災安全管理ができる人材を育成したい」と今後の展望を語った。

 

 村田さんは第1次世界大戦前後のウクライナでのナショナリズムに関する卒業論文が「卒業論文の枠を超越した高水準の歴史研究」と評価された。授与式では新聞やパンフレットなどの一次資料収集を通じ、複雑な当時の状況を明らかにした研究過程を語った。

 

(左から)総長大賞の福本さん、村田さん

 

 総長賞は学生の学業や社会活動を顕彰するため02年度に創立。社会活動や課外活動などの業績を表彰する部門、学業業績を表彰する部門の2部門から成る。


この記事は、2017年4月4日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

 

ニュース:議論続け理念実現へ 軍事研究の禁止を継承 大学はどう向き合うか 「東大も制度設計を」
ニュース:9人と2団体が受賞 2016年度総長賞 大賞は院生2人
ニュース:梶田教授・十倉教授が初の「卓越教授」に
ニュース:卒業式 学位記授与式 五神総長「多様性を尊重し豊かな社会づくりを」
ニュース:昨年と同じ7位 THEアジア大学ランキング 全項目で得点上昇
ニュース:東大教授2人に日本学士院賞
ニュース:「人間拡張学」を始動 情報学環 ソニーと共同で
ニュース:資金源の所在が論点に 安全保障技術研究推進制度の狙いと課題
企画:東大卒業生が語る苦しい研究室生活 「ブラックラボ」の実態
企画:親睦の場は外食以外にも パーティー開催のすすめ
東大今昔物語:東大に咲く「不幸な」桜
サークルペロリ:丁友会
キャンパスガイ:小野田和生さん(文Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年04月27日

飲み放題に代えごちそうを 学生団体が提案する新しい食事会の形

COLUMN 2017年02月28日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見た中国語の姿

NEWS 2017年01月25日

第6回大学新聞コンテスト 本紙が最優秀賞を獲得

INTERVIEW / OBOG 2016年04月21日

30年ぶり再入学「人を説得する言葉を見つけに来た」…弁護士 笹本さん 前編

SPORTS 2015年11月01日

東大アメフト ミスから逆転負けし、TOP8昇格可能性が消滅

TOPに戻る